ボルボカーズ、バッテリー組立ラインを新設… XC40 のEVに搭載へ

ボルボ XC40 リチャージ P8 AWD
  • ボルボ XC40 リチャージ P8 AWD
  • ボルボ XC40 リチャージ P8 AWD
  • ボルボ XC40 リチャージ P8 AWD
  • ボルボ XC40 リチャージ P8 AWD
  • ボルボ XC40 リチャージ P8 AWD
  • ボルボ XC40 リチャージ P8 AWD
  • ボルボ XC40 リチャージ P8 AWD

ボルボカーズ(Volvo Cars)は3月5日、ベルギーのゲント(ヘント)工場に新たなバッテリー組立ラインを新設した、と発表した。同工場では、このバッテリーを積むボルボカーズ初のEV、『XC40リチャージP8』の生産が、2020年内に開始される予定だ。

今回の組立ラインの新設は、ボルボカーズが取り組む電動化戦略と気候変動対策に向けた具体的施策のひとつだ。2040年までにクライメイトニュートラルな企業になることを目標としており、その足がかりとして、2025年までに車両1台あたりのライフサイクルのCO2排出量を、2018年比で40%削減することを目指している。

ボルボカーズは、2025年までに全世界における販売台数の50%をEVとプラグインハイブリッド車(PHV)、残りをハイブリッド車とすることを目指している。その実現に向けて今後5年にわたり毎年、電動車を発表する予定だ。「リチャージ(Recharge)」は、EVまたはPHVパワートレインを搭載するすべての充電可能なボルボカーズ車を表す総称となる。

今後数年にわたり、バッテリーの組立は全ラインナップの電動化を進める中で、ボルボカーズの世界全体での生産活動における重要な要素となる。ゲント工場は、プロセスの最適化や効率化に関する重要なノウハウを他の生産拠点にも展開していく。

XC40リチャージP8は、フルEVとしてのボルボカーズ車ラインナップの第1弾となる。同モデルは、ボルボカーズ初のEVであるとともに、グーグルテクノロジーを組み込んだアンドロイドベースの全く新しいインフォテイメントシステムを、ボルボカーズ車として初めて搭載している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ボルボ S60 新型まとめ】ボルボの哲学が生きるプレミアムセダン…価格やデザイン、試乗記 画像 【ボルボ S60 新型まとめ】ボルボの哲学が生きるプレミアムセダン…価格やデザイン、試乗記
  • BMW、コンセプト i4 発表…縦長キドニーグリル採用の次世代EV[動画] 画像 BMW、コンセプト i4 発表…縦長キドニーグリル採用の次世代EV[動画]
  • ルノー トゥインゴ 、初のEVを発表…航続は最大250km 画像 ルノー トゥインゴ 、初のEVを発表…航続は最大250km
  • GM、次世代グローバルEVプラットフォーム発表…復活の ハマー にも採用へ 画像 GM、次世代グローバルEVプラットフォーム発表…復活の ハマー にも採用へ

特集

おすすめのニュース