日産 スカイライン 2.0ターボ車、ガソリンがにじみ出るおそれ リコール

日産 スカイライン 200GT-t
  • 日産 スカイライン 200GT-t
  • 改善箇所

日産自動車は2月6日、『スカイライン』の燃料ホースに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2014年5月26日~2017年8月10日に製造された2リットルターボエンジン搭載車8814台。

対象車両は燃料ホースの材質が不適切なため、熱等により早期に劣化することがある。そのため、そのまま使用を続けると、冷機始動時に高圧燃料ポンプと低圧側燃料ホースとの接続部分から燃料がにじみ出るおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料ホースを対策品に交換する。

不具合は58件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース