30年を迎えた初代マツダ ロードスター のメンテナンスブック

『ロードスター メンテナンスブック 二訂版』
1989~1997
編者:リブビット・クリエイティブ
発行:グランプリ出版
定価:本体価格2000円(消費税除き)
ISBN978-4-87687-370-8

発売から30年を迎えた初代マツダ『ロードスター』。これからも乗り続けるための知識と手法を、豊富な写真と解説で紹介された1冊が刊行された。

走行距離10万kmを超えた初代ロードスターが増えている。B6ZE(RS)エンジンは24万kmの耐久試験を実施しているというが、補器類をはじめ各消耗パーツはタイミングを見ながら交換が必要になろう。

本書ではオイルやフィルター、プラグコードやバッテリーなど常識的な交換パーツ以外で、10万km前後に“怪しく”なる消耗パーツの交換方法が紹介されている。

その内容はクラッチ交換や前後ブレーキ、サスペンション関係をはじめ、エンジン徹底解剖プロローグとしてエンジンを降ろし、分解、組み立てなど多くの写真で手入れの手順を紹介し、こまめなメンテナンスによってトラブルの発生頻度を抑える方法を詳しく解説。初心者から上級者までが自分で出来るメンテナンスの入門書といえよう。

『ロードスター メンテナンスブック 二訂版』『ロードスター メンテナンスブック 二訂版』なお本書は2011年8月10日に初版が刊行された『ロードスターメンテナンスBOOK』(三樹書房)をもとに、各メンテナンス項目で紹介される交換パーツ代金を更新、更に内容全体の再確認実施し二訂版として刊行されたものである。

《内田俊一》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース