【VW Tクロス】導入記念特別仕様車の受注開始 価格299万9000円より

VW Tクロス
  • VW Tクロス
  • VW Tクロス
  • VW Tクロス
  • VW Tクロス
  • VW Tクロス
  • VW Tクロス
  • VW Tクロス
  • VW Tクロス オールインセーフティ

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、新型コンパクトSUV『Tクロス』(Volkswagen T-Cross)の日本導入記念特別仕様車「Tクロス TSI 1st」および「Tクロス TSI 1st プラス」の受注を11月27日から開始した。

Tクロスは、フォルクスワーゲン(VW)SUVシリーズでもっとも小さなSUV。モジュールプラットフォーム「MQB」を用いたTクロスは全長4115×・全幅1760×全高1580mm。キャッチコピー「T さい SUV」の通り、使い易いコンパクトボディを実現している。

エクステリアは、存在感のあるボンネット、ヘッドライトと一体化したワイドなラジエーターグリル、ボディサイドを水平に走るキャラクターラインが特徴。力強いショルダー部がパワフルな外観を強調し、リヤエンドの横幅一杯に広がるブラックトリムフレームを備えたリフレクターバンドが、クルマの幅広さを視覚的に演出している。

また、2550mmのホイールベースにより、コンパクトなボディサイズでありながら、最大5人の乗員がリラックスできる広々とした室内を実現する。運転席は高い着座位置により、前方視界も良好。シートレイアウトは、様々な用途に合わせて迅速かつ簡単に変化させることもできる。リヤシートは最大14cmの前後スライドをはじめ、背もたれは60:40に分割でき、乗員数や荷物に合わせて空間を柔軟にアレンジ可能。荷室はクラストップレベルの455リットル。後席のシートバックを倒すことで、最大1281リットルという広大な空間を確保する。

Tクロスは、上級モデルに採用される先進安全快適装備も数多く採用。特別仕様車2モデルは、アダプティブクルーズコントロール「ACC」(全車速追従機能付)やプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)、駐車支援システム「パークアシスト」、車両後方の死角を監視してドライバーに警告を発する「ブラインドスポットディテクション」(後方死角検知機能)などを特別装備する。

快適性では、ナビゲーション機能やオーディオシステムに加え、コネクテッドカー機能を持つVW純正インフォテイメントシステム「ディスカバープロ」、スマートエントリー&スタートシステム「キーレスアクセス」、スマートフォンワイヤレスチャージングなどを特別装備する。

パワートレーンは最高出力116ps、最大トルク200Nmを発生する1.0リットル3気筒直噴ターボエンジンと7速DSGの組み合わせ。軽快かつ俊敏な走りとともに、16.9km/リットル(WLTCモード)の低燃費も実現している。

ボディカラーは新色のマケナターコイズメタリックやダークペトロールをはじめ、全8色展開。デザインパッケージとの組み合わせにより、全21バリエ―ションの中から、自分に合った1台を選ぶことができる。さらにTクロス TSI 1st プラスでは、内外装のカラーを個性的に彩る3色のデザインパッケージ(ブラック/オレンジ/グリーン)を標準設定とし、ドアミラーやアルミホイールに加えてインテリアが3色の中から選択できる。

価格はTクロス TSI 1stが299万9000円、充実装備のTクロス TSI 1st プラスは335万9000円。納車は2020年1月以降を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【VW Tクロス】日本法人社長「300万円を切る競争力のあるプライスタグをつけた」 画像 【VW Tクロス】日本法人社長「300万円を切る競争力のあるプライスタグをつけた」
  • VWジャパン、SUV攻勢を強める…Tクロス は年内、Tロック は2020年導入 画像 VWジャパン、SUV攻勢を強める…Tクロス は年内、Tロック は2020年導入
  • VWの新コンパクトSUV、『Tロック』に最強「R」…量産第一号車を引き渡し 画像 VWの新コンパクトSUV、『Tロック』に最強「R」…量産第一号車を引き渡し
  • ホンダ CR-V 、2020グリーンSUVオブザイヤー受賞…ハイブリッドの燃費性能を評価 画像 ホンダ CR-V 、2020グリーンSUVオブザイヤー受賞…ハイブリッドの燃費性能を評価
  • メルセデスベンツの最小SUV、『GLA』新型…12月11日デビューが決定 画像 メルセデスベンツの最小SUV、『GLA』新型…12月11日デビューが決定

特集

おすすめのニュース