BMWジャパン、既存車載カメラを利用したドラレコ機能のオンライン販売を開始

BMW ドライブレコーダー機能
  • BMW ドライブレコーダー機能

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は11月21日、一部車両に標準搭載されているパーキングアシスト用車載カメラをドライブレコーダーとして利用する新機能を中核モデルに対してオンライン販売すると発表した。

今回導入するドライブレコーダー機能は、パーキングアシストプラス搭載車両に車載されている前後左右の車外カメラを利用するもの。エアバッグが作動するような大きな衝撃を受けた際、最大でその前後20秒、合計40秒間、車両の周囲360度を自動的に記録。さらには、マニュアル操作でも、最大40秒間、同様に車両の周囲360度を記録できる。

対象モデルは新型『3シリーズ(パーキングアシストプラス装着車のみ)』『7シリーズ』『8シリーズ』『X5』『X7』。料金は1か月700円、12か月4500円、36か月1万2700円、無期限2万8200円で、ConnectedDriveストアを経由して該当車両にオンライン販売を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 高画質に磨きをかけたケンウッド最新ドライブレコーダー『DRV-MR745』登場 画像 高画質に磨きをかけたケンウッド最新ドライブレコーダー『DRV-MR745』登場
  • JVC、追加設置に最適なリア専用ドラレコ発売へ Wi-Fiも搭載 画像 JVC、追加設置に最適なリア専用ドラレコ発売へ Wi-Fiも搭載
  • あおり運転を自動録画、セルスターが高画質前後2カメラドラレコ発売へ 画像 あおり運転を自動録画、セルスターが高画質前後2カメラドラレコ発売へ
  • あおり運転社会問題化でドライブレコーダー需要が再燃 2019年7-9月期の出荷が1.5倍 画像 あおり運転社会問題化でドライブレコーダー需要が再燃 2019年7-9月期の出荷が1.5倍
  • ホンダアクセス、カメラ別体型ドラレコ発売へ Wi-Fi接続でスマホと連動 画像 ホンダアクセス、カメラ別体型ドラレコ発売へ Wi-Fi接続でスマホと連動

特集

おすすめのニュース