【マツダ3 新型試乗】セダンはいい意味で普通のクルマに乗っている感じがする…森口将之

マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン

ファストバックは美しすぎて乗りこなせるかどうか不安。そんな人にはセダンの『マツダ3』を勧めたい。

シルエットバランスの良さはセダンならでは


『アクセラ』時代と比べ、リアオーバーハングが長くなったおかげで、横から見たときのシルエットがバランス良くなった。適度にキャラクターラインも入っているので、ファストバックより馴染めるという人がいそうだし、これまでの魂動デザインの延長線上にあってホッとするという人もいるだろう。

意外なことに、室内の広さはファストバックと変わらず。つまりリアはセダンとしては低めに座る。ただ横方向の見晴らしは良い。運転席からの視界も明確な差がある。サイドやリアがセダンとして平均的に見えるので、いい意味で普通のクルマに乗っている感じがする。

自分のマツダ3体験では初のファブリックシートは、さらっとした触感でブラウン系を入れた色ともども趣味が良いと感じた。インパネなどのステッチと色を合わせているのもさすがだ。座り心地のしっとり感もレザーより上。

重量増を感じさせない加速感


他の多くの車種にも共通することだが、車両重量はリアの開口部が狭いセダンのほうが少し軽い。よってAWDによる重量増を入れても、1.8リットルディーゼルターボによる加速はまったく不満がなかった。

試乗車がAWDだったことにも注目したい。これまでのマツダ車のそれより積極的に後輪を活用しており、舗装路でもコーナー立ち上がりでリアが路面を蹴る様子が体感できる。

マツダ3はアピールすることがあまりに多く、この分野が伝わっていないのではないかと、あるエンジニアは口にしていた。たしかにこの特性なら、雪国に住むユーザー以外にもアピールできるのではないかと感じた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
おすすめ度:★★★★

森口将之|モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト
1962年東京都生まれ。自動車専門誌の編集部を経て1993年に独立。雑誌、インターネット、ラジオなどで活動。ヨーロッパ車、なかでもフランス車を得 意とし、カテゴリーではコンパクトカーや商用車など生活に根づいた車種を好む。趣味の乗り物である旧車の解説や試乗も多く担当する。また自動車以外の交通 事情やまちづくりなども精力的に取材。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。

《森口将之》

編集部おすすめのニュース

  • 注目の マツダ3 新型に映えるホイールはこれだ! 画像 注目の マツダ3 新型に映えるホイールはこれだ!
  • 【マツダ3 新型試乗】同クラスでも世界屈指のスタイリッシュなセダン、だが…岡本幸一郎 画像 【マツダ3 新型試乗】同クラスでも世界屈指のスタイリッシュなセダン、だが…岡本幸一郎
  • 【マツダ3 新型】標準装備の『マツダ ハーモニック アコースティックス』、実力を徹底検証 画像 【マツダ3 新型】標準装備の『マツダ ハーモニック アコースティックス』、実力を徹底検証

特集

おすすめのニュース