【ホンダ フリード 改良新型】フロント意匠変更、ホンダセンシングを全車標準装備に[詳細画像]

ホンダ・フリード改良新型
  • ホンダ・フリード改良新型
  • ホンダ・フリード改良新型
  • ホンダ・フリード改良新型
  • ホンダ・フリード改良新型
  • ホンダ・フリード改良新型
  • ホンダ・フリード改良新型
  • ホンダ・フリード改良新型
  • ホンダ・フリード改良新型

ホンダは、9月20日、コンパクトミニバン『フリード(FREED)』および『フリードプラス(FREED+)』の改良新型モデルを10月18日に全国で発売すると発表した。

フリード改良新型では、「すべての人にちょうどいい 7days Wonderful Mobility」を基本コンセプトに、フロントグリルやフロントバンパーなどを最近のホンダデザインの潮流であるシンプルさを醸し出した意匠に変更。装備面でも、新たに後方誤発進抑制機能を追加した「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全車標準装備とするなど安全装備を充実させた。

さらに、今回の一部改良に伴い、外観をクロスオーバー仕様にした新グレード「クロスター」を追加設定。アクティブな遊び心を取り入れた新グレードを設定することによって現在のメインターゲットの期待に応えつつ、従来では獲得しきれなかった気軽にアウトドアを楽しむシティ派などのターゲット層に訴求する。

フリード改良新型のエクステリアデザインは、芯の通った安心感のあるカタマリで信頼価値を表現するとし、フロントグリルやバンパー、フード、フロントロアグリルなどの意匠を変更。精悍で落ち着きのある表情にすることで信頼と愛着を持って使えるデザインとした。

外装色には、「シーグラスブルー・パール」と「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック2」をホンダとして初めて設定したほか、「シルバーミストグリーン・メタリック」「スーパープラチナグレー・メタリック」「プラチナホワイト・パール」をフリードとして初めて適用した。

パワートレインは、ガソリンモデルに1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンとCVTが組み合わされ、ハイブリッド車にはスポーツハイブリッド i-DCDを採用し、1.5Lアトキンソンサイクル i-VTECエンジンと7速DCTが組み合わせる。

また安全面では、ホンダの予防安全技術である「Honda SENSING」を全車に標準装備とし、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)や標識認識機能の性能を向上させたほか、従来までの前方誤発進抑制機能に加えて、後方誤発進抑制機能を追加した。

フリード改良新型モデルの価格は、発売日の10月18日に公表される。

《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集