【三菱 RVR 改良新型】ダイナミックシールド顔に進化、“らしさ”を強調したデザイン[詳細画像]

三菱 RVR 改良新型
  • 三菱 RVR 改良新型
  • 三菱 RVR 改良新型
  • 三菱 RVR 改良新型
  • 三菱 RVR 改良新型
  • 三菱 RVR 改良新型
  • 三菱 RVR 改良新型
  • 三菱 RVR 改良新型
  • 三菱 RVR 改良新型

三菱自動車はコンパクトSUV『RVR』を一部改良し、全車をサポカーSワイドに該当させ、8月22日より全国で販売している。

改良されたRVRは、エクステリアデザインコンセプトを「Impact and Impulse」とし、三菱自動車のSUVがもつ力強さに加えて、洗練された都市型SUVとして、都会に映える魅力的で存在感あるデザインを目指している。また、フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化させ、左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状とフロントグリル部を水平・垂直基調のスクエアなラインで構成。力強さ・堅牢さを表現し、フロントフェイスに厚みを持たせることで、存在感を高めている。

さらに、LEDを多用したフロントランプデザインは、ターンランプとフォグランプをバンパーサイドに配置した特徴的なランプレイアウトによって、三菱自動車らしい独自性と上質感を演出するとともに、ターンランプをヘッドライトから独立させることで、視認性を高めている。

リヤデザインは、車幅いっぱいにまで広がる水平基調のテールランプデザインと、バンパーサイドにブラックのガーニッシュを採用することで、ワイド感と安定感を演出。上級グレードの「G」では、力強く都会的なデザインの18インチアルミホイールを新しく採用した。

インテリアは、上級グレード「G」で、シート生地に動きのある幾何学パターンを採用、また室内天井をブラックにすることで、スポーティな室内空間とした。

メーカーオプションにおいて、新規設定されたスマートフォン連携ナビゲーションは、内蔵地図によるルート案内やVICS交通情報対応といった機能に加え、 AndroidスマートフォンやiPhoneをUSBポートに接続して使用するAndroid AutoやApple CarPlayを利用することが可能になった。また、見やすく操作のしやすい、8インチ画面を設定した。

さらに、6速スポーツモードCVTに、スポーツモードを常時楽しむことができるMポジションを新たに設定した。

価格は、「M」グレードが210万4920円から。「G」グレードが227万2320円からとなっている。

《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱 RVR、マイナーチェンジで前後デザインを一新…CVTに“Mポジション”も 画像 三菱 RVR、マイナーチェンジで前後デザインを一新…CVTに“Mポジション”も
  • 4WD性能ってどう違うの?ミドルSUV3車種で違いを解説!…RAV4、エクリプスクロス、フォレスター 画像 4WD性能ってどう違うの?ミドルSUV3車種で違いを解説!…RAV4、エクリプスクロス、フォレスター
  • 三菱自動車、2020年からベトナムで エクスパンダー の生産開始 画像 三菱自動車、2020年からベトナムで エクスパンダー の生産開始
  • 三菱 エクリプスクロス のスマホ連携システム「SDA」をiPhoneで検証…使い方や機能は? 画像 三菱 エクリプスクロス のスマホ連携システム「SDA」をiPhoneで検証…使い方や機能は?

特集

おすすめのニュース