ポルシェ、カイエン/パナメーラ 9000台をリコール 意図せず動き出すおそれ

ポルシェ カイエン(2011年)
  • ポルシェ カイエン(2011年)
  • 改善箇所

ポルシェジャパンは9月2日、『カイエン』と『パナメーラ』の合わせて11車種について、意図せず車両が動き出すおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「パナメーラ」、「パナメーラ4」、「パナメーラS」、「パナメーラ4S」、「パナメーラGTS」、「パナメーラターボ」、「パナメーラターボS」、「カイエン」、「カイエンS」、「カイエンターボ」、「カイエンターボS」の11車種で2002年12月24日から2016年7月19日に輸入された9394台。

オートマチックトランスミッションのセレクタケーブルにおいて、ブッシュの材質が不適切なため、強度が不足しているものがある。そのため、ブッシュが破損し、シフト位置が正しくトランスミッションに伝わらず、パーキングブレーキを作動させていない場合、意図せず車両が動き出すおそれがある。

改善措置として、全車両、セレクタケーブルのブッシュを対策品に交換する。

不具合および事故は起きていない。本国メーカーからの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • BMW X2 など28機種、テールライトがガタつくおそれ リコール 画像 BMW X2 など28機種、テールライトがガタつくおそれ リコール
  • VW ゴルフ など、17万6000台をリコール 7速DSG不具合で走行不能となるおそれ 画像 VW ゴルフ など、17万6000台をリコール 7速DSG不具合で走行不能となるおそれ
  • メルセデスAMG E63 など、ECU不具合で失火を誤検知 リコール 画像 メルセデスAMG E63 など、ECU不具合で失火を誤検知 リコール

特集

おすすめのニュース