日産とカナディアンソーラー、リーフ を使った次世代エネルギー蓄電パッケージ販売へ

SOLIEV RIDE(ソリーヴ ライド)設置イメージ
  • SOLIEV RIDE(ソリーヴ ライド)設置イメージ

日産自動車とカナディアン・ソーラー・ジャパンは5月31日、電気自動車(EV)『リーフ』と太陽光発電商品による新たな協業に合意したことを発表した。

カナディアン・ソーラー・ジャパンは、太陽光発電とリチウム蓄電池、EVを同時にコントロールできる次世代エネルギー蓄電パッケージ「SOLIEV(ソリーヴ)」を2018年7月に発売。3種類のエネルギーそれぞれを効率よく活用することで、エネルギーの自家消費に向けて太陽光による発電エネルギーを最大限利用できることが特徴だ。日産との協業では、EVの部分にリーフを組み込んだ新たなソリューション「SOLIEV RIDE(ソリーヴ ライド)」として、販売促進活動をそれぞれの販売ネットワークで行う。

このソリーヴ ライドにて両商品を購入したユーザーは、太陽光発電で作られた電気を専用の蓄電池だけではなく、リーフに充電することが可能となり、CO2排出ゼロ、エネルギーの自給自足を目指すことが可能となる。また、災害等による停電時でも、太陽光発電および専用蓄電ユニットに蓄えられた電気に加え、リーフの大容量バッテリーに蓄電した電気を利用でき、電気代節約にも貢献する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 屋根付きの2輪EV「AD-4」が世界初公開、伊デザイン・日クオリティを武器に 画像 屋根付きの2輪EV「AD-4」が世界初公開、伊デザイン・日クオリティを武器に
  • 世界初のEVホットハッチ「MINI S E」、市販型プロトタイプを激写 画像 世界初のEVホットハッチ「MINI S E」、市販型プロトタイプを激写
  • ポルシェ初のEV、タイカン の発売準備…超急速充電ネットワークが欧州100か所に拡大 画像 ポルシェ初のEV、タイカン の発売準備…超急速充電ネットワークが欧州100か所に拡大
  • マルチスズキ、太陽光発電を自動車生産に本格活用へ…2019-2020年度の稼働目指す 画像 マルチスズキ、太陽光発電を自動車生産に本格活用へ…2019-2020年度の稼働目指す

特集