世界最強の4気筒ふたたび…メルセデスAMG A45 新型、ついにグリルが露出

メルセデス AMG A45 新型スクープ写真 
  • メルセデス AMG A45 新型スクープ写真 
  • メルセデス AMG A45 新型スクープ写真 
  • メルセデス AMG A45 新型スクープ写真 
  • メルセデス AMG A45 新型スクープ写真 
  • メルセデス AMG A45 新型スクープ写真 
  • メルセデス AMG A45 新型スクープ写真 
  • メルセデス AMG A45 新型スクープ写真 
  • メルセデス AMG A45 新型スクープ写真 

メルセデスベンツ『Aクラス』に設定されるハードコアモデル『AMG A45』市販型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュが落とされた状態でカメラが捉えた。

ニュルブルクリンクでの高速テストの様子をキャッチした開発車両のフロントエンドには、既に公開されている『A35』と差別化するパナメリカーナグリル、大口コーナーエアインテーク、リップスポイラーを初めて確認することができた。

一方で、リアビューにはこれまでのプロトタイプから変化が見られる。大型ルーフスポイラーとアグレッシブなリアディフューザーが消えており、その代わりに小さなルーフスポイラーのみが装着されているのだ。ひょっとすると、「A45」と「A35」の間にマイルドバージョンが設定される可能性もあるが、クワッドエキゾーストパイプの間が未完成であるため、単に開発途中である可能性もある。

現在確認が取れているパワートレインは、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンで、最高出力は「A45」が383ps、「A45 S」が416psを発揮するということだ。現行のA45では世界最強と言われた直列4気筒が、新型へも継承されるだろう。

電子制御システムでは「AMGダイナミックセレクト」を搭載。「Slippery」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」、「インディビジュアル」の5種類の走行モードにより、ドライバーが思い通りの走りを可能にする。

ワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーが有力だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集