ホンダ シビックタイプR がオフローダーに変身、最低地上高は100mm以上アップ

ホンダ・シビック・タイプR をオフローダーに仕立てたワンオフモデル
  • ホンダ・シビック・タイプR をオフローダーに仕立てたワンオフモデル
  • ホンダ・シビック・タイプR をオフローダーに仕立てたワンオフモデル
  • ホンダ・シビック・タイプR をオフローダーに仕立てたワンオフモデル

ホンダの欧州部門は5月23日、『シビックタイプR』(Honda Civic Type R)をオフローダーに仕立てたワンオフモデル「シビック・タイプオーバーRランド」を発表した。

このワンオフモデルは、英国のラルフ・ホージャー・エンジニアリング(Ralph Hosier Engineering)が開発した。最低地上高は100mm以上引き上げられており、拡幅されたフェンダーには、255/55/R18 サイズのBFグッドリッチ製オフロードタイヤと軽量ホイールを装着する。ボンネットフードも専用デザインとした。

サスペンションには、アンチトルクステアの2軸ストラット構造を採用する。とくにリアサスペンションは、トレーリングアームを専用開発し、リンクを改造することにより、車高を大幅に高めている。

パワートレインは市販車と共通だ。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを積む。スペックは最大出力が320ps、最大トルクが40.8kgm。市販モデルは、0~100km/h加速5.7秒、最高速272km/hの性能を備えている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集