ルノー、ラストマイル配達想定の小型EV発表…航続150km

ルノー EZ-FLEX
  • ルノー EZ-FLEX
  • ルノー EZ-FLEX
  • ルノー EZ-FLEX
  • ルノー EZ-FLEX
  • ルノー EZ-FLEX
  • ルノー EZ-FLEX
  • ルノー EZ-FLEX
  • ルノー EZ-FLEX

ルノーグループは5月16~18日、フランス・パリで開催された「VIVA TECHNOLOGY」において、EVコンセプトカー、ルノー『EZ-FLEX』(Renault EZ-FLEX)を初公開した。

VIVA TECHNOLOGYは、世界最大規模のスタートアップの展示会だ。2016年から開催されており、今年で3回目となる。2017年には、およそ5000社のスタートアップが出展している。

EZ-FLEXは、ルノーが開発した小型の商用EVプロトタイプだ。都市部での配達における「ラストマイル」の課題に対するソリューションを提案した1台が、ルノーEZ-FLEXとなる。

EZ-FLEXのボディサイズは、全長3860mm、全幅1650mm、全高1880mm。最小回転半径は4.5 mと、取り回し性に優れる。コンパクトボディでありながら、荷室容量は3立方mを確保している。

配達の際の頻繁な乗り降りに配慮して、運転席へアクセス性を高めた。ヒューマンマシンインターフェースは最新のもので、スマートフォンに完全に統合されている。

EZ-FLEXは現在位置、走行距離、航続、速度、停車位置など、さまざまなデータを収集する。このデータは、リアルタイムまたは毎日1回、車載コネクトシステムを通じて送信される。また、EZ-FLEXのEVパワートレインに関しては、1回の充電での航続が最大150kmの性能を備える。

ルノーはこのEZ-FLEXを10台製作し、今後2年間、フランス郵政公社をはじめ、欧州の企業や自治体などに貸し出し、実証実験を行う、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集