BMW 3シリーズグランツーリスモ、1代限りで消滅へ…後継車は存在せず

BMW 3シリーズ・グランツーリスモ
  • BMW 3シリーズ・グランツーリスモ
  • BMW 3シリーズ・グランツーリスモ
  • BMW 3シリーズ・グランツーリスモ
  • BMW 3シリーズ・グランツーリスモ
  • BMW 3シリーズ・グランツーリスモ
  • BMW 3シリーズ・グランツーリスモ
  • BMW 3シリーズ・グランツーリスモ
  • BMW 3シリーズ・グランツーリスモ

BMWグループは5月7日、ドイツで開催した2019年第1四半期(1~3月)決算発表において、『3シリーズグランツーリスモ』(BMW 3 Series Gran Turismo)に後継車が存在しないと発表した。

3シリーズグランツーリスモはBMWの主力車種、『3シリーズ』の派生車種として、2013年春、ジュネーブモーターショー2013で初公開された。BMWは、『5シリーズ』の派生車種として、『5シリーズグランツーリスモ』(同車の事実上の後継車が現行の『6シリーズグランツーリスモ』)を用意。これと同様のコンセプトで登場したのが、3シリーズグランツーリスモだ。

3シリーズグランツーリスモは、ワゴンの『3シリーズツーリング』に対して、全長を200mm、ホイールベースを110mm延長。全高も81mm引き上げられた。ボディサイズ拡大のおかげで、室内空間は3シリーズの中でも随一の広さ。とくに後席足元の余裕は、セダンやツーリングに対して、70mm拡大。シートの高さも59mm高められており、見晴しの良さや優れた乗降性を実現した。

BMWグループは今回、この3シリーズグランツーリスモに後継車が存在しないと発表した。2013年のデビューからすでに6年が経過しているが、現行型限りで3シリーズグランツーリスモは姿を消すことになる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集