【三菱 パジェロ 3代目】新世代の世界基準を謳う[フォトヒストリー]

ショート(1999年9月)
  • ショート(1999年9月)
  • ショート(1999年9月)
  • ショート(1999年9月)
  • ショート(1999年9月)
  • ショート(1999年9月)
  • ロング(1999年9月)
  • ロング(1999年9月)
  • ロング(1999年9月)

国内販売向け生産を2019年8月で終了する三菱自動車のSUV『パジェロ』。37年の歴史で、3代目は1999年9月、8年半ぶりのフルモデルチェンジで登場した。キャッチコピーは“新世代の世界基準パジェロ”。

まず、3代目は全幅が1875mmまで拡幅され、国際的に通用するサイズとなった。エンジンは3.5リットルV6ガソリンエンジン、3.2リットル・ディーゼルターボエンジンを設定。中でも新開発の直噴ディーゼルターボは175PS、39.0kgmという、当時としてはクラストップの性能だった。

さらにABSの改良や、路面追従性の高い四輪独立懸架のサスペンションを採用するなど、走破性、制動時の安定性が向上した。

[フォトヒストリー]
【初代】乗用車感覚で乗れる多目的4WD
【初代】バリエーションを拡大していく
【2代目】メカニズムの進化が続く
【2代目】ブリスターフェンダー採用、エボ登場
【4代目】地球基準のオールラウンドSUV
【ダカール】通算12回の総合優勝

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集