[カスタム・オーディオマシン紹介]レクサス LS by レジェーラ 後編…ヘビーメタルを爆音で

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  LEXUS LS500h(オーナー・太田浩史さん) by レジェーラ 後編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  LEXUS LS500h(オーナー・太田浩史さん) by レジェーラ 後編
  • 高級感あふれるLS500hのインテリアを崩すことなく、コンフィデンスIIIをインストールしたコクピット。
  • アウターバッフル化されたドアは厚みを抑えたデザインが特徴。純正のラインを崩すことなくスマートなデザインとした。
  • インテリアの純正イメージを崩さないドアデザイン。ポケットや周囲の内張りとの融合もピタリと決まる仕上がりが美しい。
  • 存在感満点のコンフィデンスIIIのトゥイーターをビルトインしたAピラー。グレー系の生地とのコントラストも美しい。
  • Aピラーへのツイーターの取り付けでは、角度付けや周囲のカットラインの処理などが施され機能美を感じさせる。
  • バイザーの裏側を見るとMM-1Dがビルトインされている。純正デザインを崩さないアイデアとしても注目の処理だ。
  • バイザーを閉じればシーリングまわりは純正そのもの。純正のコクピットイメージを崩さないというオーナーの狙い通りの作りだ。
その音質に絶大な信頼感を置くビーウィズのユニットを前面に押し出したコクピットデザインを施した太田さんのLS500h。純正ラインをキープするドアバッフルやバイザーへのMM-1Dのビルトインなど静岡県のレジェーラの高い技術力を感じさせる取り付けが魅力。

◆純正ドアデザインを崩さない
スマート処理のアウターが見どころ「高級感あふれるLS500hのインテリアを崩すことなく、コンフィデンスIIIをインストールしたコクピット。」「アウターバッフル化されたドアは厚みを抑えたデザインが特徴。純正のラインを崩すことなくスマートなデザインとした。」「インテリアの純正イメージを崩さないドアデザイン。ポケットや周囲の内張りとの融合もピタリと決まる仕上がりが美しい。」以前乗っていたクルマに装着したコンフィデンスIIサンライズの音に惚れ込んで以来、ビーウィズのユニットを好んで使っているオーナーの太田さん。新しく愛車となったLS500hにももちろんフルビーウィズでシステムを組んだ。
そして新たな愛車のフロントスピーカーに選んだのはコンフィデンスIII。以前使っていたサンライズの頃から、メイド・イン・ジャパンを強く感じさせるホワイト&レッドの振動板デザインが大好きだったオーナー。今回のインストールでも、そのデザインを最大限に見せるためにミッドバスをアウターバッフル、トゥイーターもAピラーに存在感満点なデザインで取り付けている。

そんなドアインストールには強いこだわりがあったという。アウターバッフルの作りを見るとわかるのだが、純正ドアのラインを大きく崩さないために厚みを抑えた薄型デザインが施されている。完成したスタイルは写真を見るとわかるとおり、純正の内張りからほとんど張り出すことないスマートなデザインとしている。ドア形状ともラインを合わせた処理を施すなど、周囲と溶け込むフォルムを作り上げ、オーナーの思惑通りの仕上がりとなった。

◆コンフィデンスIIIの振動板を
コクピットにアイキャッチとしたピラー加工「存在感満点のコンフィデンスIIIのトゥイーターをビルトインしたAピラー。グレー系の生地とのコントラストも美しい。」「Aピラーへのツイーターの取り付けでは、角度付けや周囲のカットラインの処理などが施され機能美を感じさせる。」コンフィデンスIIIを最大限にアピールできる魅せるインストールをコクピットで実践した太田さんのLS500h。最大の見どころはなんと言ってもAピラーへのトゥイーターのビルトインだろう。コンフィデンスIIIの特徴でもあるサンライズレッド・メタルマット仕上げのセンターキャップを車内はもちろん、フロントウインドウ越しの車外にもアピールするには絶好のインストールとなった。

さらにAピラーは落ち着いたダークグレー系の生地を使って処理しているため、ただでさえ個性の強いコンフィデンスIIIの存在感をより一層増しているのもデザイン上の見どころとなった。左右のトゥイーターは適度な角度付けがなされ、周囲には美しいイカットラインを描いているのでもデザイン上のポイント。もちろん厳選された角度付けが施されサウンド上も最適な取り付けとなっているのは言うまでもない。

◆バイザーにMM-1Dを埋め込み処理
純正イメージを崩さない加工が光る「バイザーの裏側を見るとMM-1Dがビルトインされている。純正デザインを崩さないアイデアとしても注目の処理だ。」「バイザーを閉じればシーリングまわりは純正そのもの。純正のコクピットイメージを崩さないというオーナーの狙い通りの作りだ。」「コンソール上に設置されるリモコン。コクピットは最小限の加工に止めることで純正イメージを踏襲したデザインとした。」インストール面でもうひとつの見どころはビーウィズのMM-1Dの取り付けスタイルだ。ミラーメデイアであるMM-1Dは通常だとルームミラー部への取り付けになるのだが、このクルマはバイザーにビルトイン加工されているのに注目。これはLS500hの純正ルームミラーがモニター化されているため、純正機能をスポイルしないようにと考えられた加工だ。バイザーを閉じればシーリングまわりは完全に純正デザインになることから、オーナーが望んだ純正イメージを崩さないインストールにもぴったりのカスタム処理となった。

見せるところは見せつつも、純正のデザインをあくまでも崩さない処理を施したコクピット。高級車らしいクオリティの高いフィニッシュで純正との調和を考えたインストールが決まった。サウンドとデザインを融合させた高度な処理が光る一台となった。

ここまでのヘビーシステムを組み上げたオーナー。大好きなヘビーメタルを爆音で聴く時の心地良さは何物にも代えがたいのだとか。好みのサウンドを奏でるとっておきのユニット群と狙ったデザインをコクピットに作り上げたこのクルマ、オーナーの満足度もマックスの仕上がりとなった。

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! LEXUS LS500h(オーナー・太田浩史さん) by レジェーラ 後編

《土田康弘》

編集部おすすめのニュース

特集