アウディ A6やA7など、2566台をリコール 燃料漏れのおそれ

A6オールロードクワトロ
  • A6オールロードクワトロ
  • 改善箇所説明図

アウディジャパンは4月17日、『A6オールロード』『A7スポーツバック』『Q7』などの燃料装置(燃料パイプ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはA6オールロード、A7スポーツバック、「A6」、Q7、『S4』、『S5』、『A8』など12車種で、2013年12月13日から2017年6月23日に輸入された2566台。

燃料装置において、樹脂製燃料パイプ端部の設計時の強度検討が不十分なため、耐久性が不足している。そのため、走行振動等により、当該パイプ端部の樹脂製エンドキャップ部が破損し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料パイプを対策品に交換する。

不具合は0件発生、事故は起きていない。本国からの情報によりリコールを届け出た。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集