テスラ モデルS がシューティングブレークに、10万6953ユーロから…ジュネーブモーターショー2019

RemetzCarの モデル SB(ジュネーブモーターショー2019)
  • RemetzCarの モデル SB(ジュネーブモーターショー2019)
  • RemetzCarの モデル SB(ジュネーブモーターショー2019)
  • RemetzCarの モデル SB(ジュネーブモーターショー2019)
  • RemetzCarの モデル SB(ジュネーブモーターショー2019)
  • RemetzCarの モデル SB
  • RemetzCarの モデル SB
  • RemetzCarの モデル SB
  • RemetzCarの モデル SB

オランダに本拠を置くRemetzCarは、ジュネーブモーターショー2019において、テスラのEV、『モデルS』(Tesla Model S)のシューティングブレーク、『モデルSB』をワールドプレミアした。

米国のEVメーカー、テスラのモデルSは、セダンボディだ。このモデルSをコーチビルダーのRemetzCarがシューティングブレーク化し、20台を限定生産する。

モデルSのシューティングブレークのデザインを手がけたのは、デザイナーのニールズ・ヴァン・ロイジ氏が率いるデザインスタジオだ。ワゴンの機能性とクーペのデザインを1台に融合させたシューティングブレークをデザインした。

RemetzCarの モデル SBモデルSをシューティングブレーク化するにあたって、テールゲートを新開発した。ルーフスポイラーには、ストップランプとワイパーを組み込む。Aピラーからルーフにかけて、クロームのトリムが装着された。このデザインは、最大の荷物スペースを追求するのではなく、ダイナミックでスポーティ、エレガントなシューティングブレークを目指したという。

なお、欧州でのベース価格は、10万6953ユーロ(約1335万円)と公表されている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集