ポルシェ、マカン 次期型の電動化へ準備…独工場の拡張に着手

ポルシェ(Porsche)は3月12日、ドイツ・ライプツィヒ工場の拡張に着手した、と発表した。

ライプツィヒ工場は2002年に稼働した。当初はSUVの『カイエン』を生産。2009年からは『パナメーラ』、2011年からは『マカン』の生産も開始された。現在は、ベントレーの車体も生産している。

今回のライプツィヒ工場の拡張は、マカンの次期モデルの生産に向けた準備が目的だ。次期マカンにはEVが設定される予定。ポルシェは電動化に対応するために、ライプツィヒ工場を拡張する。

ポルシェは、次期マカンの生産準備としてライプツィヒ工場に数億ユーロを投資。この投資を、新しい車体プレス加工工場や塗装工場の建設など、工場の拡張に充当する。

ポルシェは、ライプツィヒ工場ではガソリンとハイブリッドモデルに加えて、同じ生産ラインでEVも生産していく、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース