VW パサート ヴァリアント 改良新型にスポーティな「Rライン」…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

VW パサート・ヴァリアント 改良新型の Rライン・エディション
  • VW パサート・ヴァリアント 改良新型の Rライン・エディション
  • VW パサート・ヴァリアント 改良新型の Rライン・エディション
  • VW パサート・ヴァリアント 改良新型の Rライン・エディション
  • VW パサート・ヴァリアント 改良新型の Rライン・エディション
  • VW パサート・ヴァリアント 改良新型の Rライン・エディション

フォルクスワーゲンは、3月5日(日本時間3月5日夕方)にスイス開幕するジュネーブモーターショー2019において、改良新型『パサート ヴァリアント』の「Rライン エディション」(Volkswagen Passat Variant R-Line Edition)を初公開すると発表した。

同車は、同じくジュネーブモーターショー2019でワールドプレミアされる改良新型パサート ヴァリアントのスポーティな限定車だ。フォルクスワーゲンの100%子会社、フォルクスワーゲンRによる「Rライン」仕様となる。

ボディカラーは、専用のムーンストーングレーで塗装。このボディカラーとのコントラストを引き出すために、ルーフはハイグロスブラック仕上げとした。ルーフスポイラー、ルーフレール、ドアミラーカバーもブラック。 サイドウィンドウ周り、ディフューザー、ヘッドライト周り、すべてのトリムもハイグロスブラック仕上げとなる。ダークLEDテールライトとハイグロスブラックの19インチアルミホイールも装備された。


インテリアは、前席にRラインのスポーツシートを採用した。シートは上質なナッパレザーを使用し、サイド部分はカーボンレザー仕上げとした。 ペダルはステンレス製のブラッシュ仕上げで、ステンレス製のサイドシルにはRラインのロゴが入る。

デジタルコックピットを標準装備。9.2インチの「Discover Pro」ナビゲーションシステムは、SIMカードを内蔵する。新開発のワイヤレス「App Connect」により、Apple「CarPlay」を利用して、iPhoneアプリケーションをBluetooth経由でインフォテインメントシステムにワイヤレス統合できる。

また、最大210km/hの速度で、部分自動運転を可能にする「Travel Assist」を採用。「IQ.Light」と呼ばれるLEDマトリクスヘッドライトシステム、「Area View」カメラシステム、最新のDCCアダプティブダンパーコントロールシステムが搭載されている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集