ダイハツ、後付可能なペダル踏み間違い事故防止システムの対象車種拡大 4代目ムーヴと7代目ミラ

4代目ムーヴ(L175S/L185S)
  • 4代目ムーヴ(L175S/L185S)
  • 7代目ミラ(L275S)
  • 「つくつく防止」ロゴ

ダイハツは、ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付け安全装置「つくつく防止(ぼうし)」の搭載対象車種を拡大し、2月8日から発売する。

つくつく防止は、車両前後に取り付けたソナーセンサーが前後方3メートル以内にある障害物を検知し、運転者がアクセルペダルを強く、速く踏み込んだ場合に、システムがペダル踏み間違いと判断。コントローラーが燃料の供給をカットすることでエンジンの出力を抑制。室内に取り付けたインジケーターとブザー音により運転者に警告し、急発進を抑制する。また、ソナーセンサーで前後方の死角にある障害物を検知し警告する「パーキングセンサー機能」も備える。

現在、国内を走行するダイハツ車の約8割は衝突回避支援システム「スマートアシスト」非搭載車であるため、ダイハツでは、交通事故による死傷者を一人でも少なくしたいとの思いから、2018年12月5日に2代目『タント』を対象としてつくつく防止を発売。今回、新たに4代目『ムーヴ(L175S/L185S)』および、7代目『ミラ(L275S)』の2車種を加え、対象車種を拡大する。

価格(税込)は2代目『タント』と同じく3万4560円。標準取付費込で5万9508円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集