ホンダ、新型ミドルスポーツ CBR650R 発売へ 103万6800円より[詳細画像]

ホンダ CBR650R
  • ホンダ CBR650R
  • ホンダ CBR650R
  • ホンダ CBR650R(グランプリレッド)
  • ホンダ CBR650R(マットバリスティックブラックメタリック)
  • ホンダ CBR650R(グランプリレッド)
  • ホンダ CBR650R フロント
  • ホンダ CBR650R 左サイド
  • ホンダ CBR650R リア

ホンダは、新型ロードスポーツ『CBR650R』を3月15日より発売する。

CBR650Rは、扱いやすい車体サイズに低回転域から高回転域まで伸びやかな回転フィーリングを堪能できる直列4気筒エンジンを搭載した『CBR650F』をベースに開発。「エキサイティングな走りの堪能 直4 Middle CBR R」を開発のキーワードに、車体・足回り、パワーユニットの各部を熟成させつつ、スタイリングを一新。名称を従来のCBR650FからCBR650Rへ変更した。

車体・足回りは、フレームの構成部品や製法を変更するなど剛性バランスを見直すとともに、さらなる軽量化とマスの集中化を図ったほか、新たに倒立フロントフォークや軽量化した新デザインのアルミホイールを採用するなどより運動性能を高め、軽快で上質なライディングフィールを実現している。

パワーユニットは、扱いやすいトルク特性としながら高回転域の出力を向上。最高出力はCBR650Fから5psアップの95ps、最大トルクは64Nmを発生する。新設計のエアクリーナーには専用のツインラムエアダクトを採用。高速域でより鋭いエンジンの吹け上がり感を実現している。また、ライダーの疲労軽減や安心感のある走りに寄与する、アシストスリッパークラッチやホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を新採用。より扱いやすく快適でスムーズな乗り味を実現し、“操る楽しさ"の向上を図った。

スタイリングは、LEDデュアルヘッドライトの採用など、CBRシリーズのイメージをより強調したスタイリングに一新。軽量コンパクトなデザインのフルカウルを装備し、高速走行時のライダー居住性とワインディングなどにおける車体切り返し時の軽快感を両立させている。また、急ブレーキ時にハザードランプを高速点滅させるエマージェンシーストップシグナルを新たに採用。新設計のメーターは軽量コンパクト化を図ったフルフラットデザインを採用するとともに、ギアポジションインジケーターなどの機能を新たに追加している。

カラーリングは、グランプリレッドとマットバリスティックブラックメタリックの2色を設定。価格はブラックが103万6800円、レッドが106万9200円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集