マクニカ、自動運転開発用に低速EVを発売へ

自動運転プラットフォーム搭載電動小型低速車両「アカデミックパックPRO」
  • 自動運転プラットフォーム搭載電動小型低速車両「アカデミックパックPRO」

マクニカおよびヤマハモーターパワープロダクツ(YMPC)、ティアフォーの3社は、自動運転プラットフォーム搭載電動小型低速車両「アカデミックパックPRO」を1月16日より発売すると発表した。

アカデミックパックPROは、YMPCの電動小型低速車両をベースに、自動運転ソフトウェア「Autoware」と各種センサー・AIを搭載可能とするティアフォーの自動運転モジュール「AI Pilot」を標準搭載。PCや大型モニターなどの各種デバイスも装備し、購入後スムーズに実験走行や技術開発を行うことができるパッケージ製品となっている。また、保安基準も満たしており、軽自動車として公道走行に必要なナンバーの交付を受けることもできる。

なお販売窓口となるマクニカは、1月16日から18日に東京ビッグサイトで開催される「第2回自動運転EXPO」に出展。アカデミックパックPROの実車展示をはじめ、自動走行開発に関連するトータルソリューションを紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマハ発動機、低速自動運転車両の実証実験を磐田市で実施 2019年より2年間 画像 ヤマハ発動機、低速自動運転車両の実証実験を磐田市で実施 2019年より2年間
  • 「道はすべてオフロード」走破性を重視したヤマハの低速モビリティ、格好よさにもこだわり 画像 「道はすべてオフロード」走破性を重視したヤマハの低速モビリティ、格好よさにもこだわり
  • 電動小型低速車を高齢者の足に活用 横浜市金沢区富丘エリアで、京急と横浜国立大が実証へ 画像 電動小型低速車を高齢者の足に活用 横浜市金沢区富丘エリアで、京急と横浜国立大が実証へ
  • ZMP、複数のセンサー同時計測できるADAS開発向け新システムを発売 カスタマイズも可能 画像 ZMP、複数のセンサー同時計測できるADAS開発向け新システムを発売 カスタマイズも可能

特集