オートモーティブワールドに関するニュースまとめ一覧

インタビュー特集併催セミナーの魅力に迫る!

  • 東京地下鉄 経営企画本部 企業価値創造部長 兼 まちづくり連携担当部長 川上 幸一
  • 本田技術研究所 先進技術研究所 AD/ADAS研究開発室エグゼクティブチーフエンジニア 波多野 邦道

リード エグジビション ジャパンは、企業向けの自動車次世代技術専門展「第13回 オートモーティブ ワールド –クルマの先端技術展-」を2021年1月20日(水)から22日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催する。

今回は、「第13回 [国際] カーエレクトロニクス技術展」「第12回 EV・HV・FCV技術展」「第11回 クルマの軽量化 技術展」「第9回 コネクティッド・カーEXPO」「第7回 自動車部品&加工EXPO」「第4回 自動運転EXPO」「第1回 MaaS Expo –統合型モビリティサービス[開発]・[活用]展-」の7つの展示会が開催され、クルマの先端技術を網羅する。

「第13回 オートモーティブ ワールド –クルマの先端技術展-」には、自動運転、クルマの電子化・電動化、コネクティッド・カー、軽量化など、自動車業界における先端テーマの最新技術が一堂に出展。中部・近畿地方の自動車メーカー・自動車部品メーカーとサプライヤーとの商談・技術相談に絶好の場として年々規模を拡大して開催している。

また、今回は新たに世界初のMaaS分野専門展として「第1回 MaaS Expo –統合型モビリティサービス[開発]・[活用]展-」を開催する。本展は、 MaaSの開発・構築に意欲が高いMaaSオペレーターや自動車メーカーと、MaaSの活用・導入に積極的な自治体、交通機関が来場する展示会となる。

招待券請求はこちらから »
関連インデックス
CES 東京モーターショー 人とくるまのテクノロジー展 東京ビッグサイト
JVCケンウッド、テレマティクスサービス開発パッケージ初公開へ…オートモーティブワールド2021 画像
自動車 テクノロジー

JVCケンウッド、テレマティクスサービス開発パッケージ初公開へ…オートモーティブワールド2021

JVCケンウッドは、1月20日から22日に東京ビッグサイトで開催される「第13回 オートモーティブワールド」内の「第1回MaaS Expo 統合型モビリティサービス[開発]・[活用]展」に出展する。

村田製作所、高信頼性電子デバイスのラインアップ紹介へ…オートモーティブワールド2021 画像
自動車 テクノロジー

村田製作所、高信頼性電子デバイスのラインアップ紹介へ…オートモーティブワールド2021

村田製作所は、1月20日から22日に東京ビッグサイトで開催される「第13回 オートモーティブワールド」内の「カーエレクトロニクス技術展」に出展。高信頼性電子デバイスのラインアップを紹介する。

3Dセンサでトラックの荷物積載容積率を可視化、NEC通信が開発…オートモーティブワールド2021に出展へ 画像
自動車 テクノロジー

3Dセンサでトラックの荷物積載容積率を可視化、NEC通信が開発…オートモーティブワールド2021に出展へ

NEC通信システムは1月13日、3Dセンサ1基でトラックのコンテナの積載容積率を可視化する技術を開発したと発表した。2021年度中に製品化する。

初出展のヨコオ、「遠隔ドアロック制御システム」など出品へ…オートモーティブワールド2021 画像
自動車 テクノロジー

初出展のヨコオ、「遠隔ドアロック制御システム」など出品へ…オートモーティブワールド2021

ヨコオは、1月20日から22日に東京ビッグサイトで開催される「第13回 オートモーティブワールド -クルマの先端技術展」内の「第1回MaaS EXPO展」に初出展する。

ホンダが実現する「レベル3」自動運転、その開発はいかにして進められたか…オートモーティブワールド2021 画像
自動車 ビジネス

ホンダが実現する「レベル3」自動運転、その開発はいかにして進められたか…オートモーティブワールド2021PR

ホンダは自動運転レベル3の機能を搭載した『レジェンド』を2020年度中に発売する。『Traffic Jam Pilot(トラフィック・ジャム・パイロット)』と名付けられた自動運行装置は国土交通省の型式指定をすでに取得済みで、国のお墨付きを得たレベル3搭載車は世界初となる。

EV向け電動アクスルを40%小型軽量化、愛知製鋼が開発…オートモーティブワールド2021 画像
エコカー

EV向け電動アクスルを40%小型軽量化、愛知製鋼が開発…オートモーティブワールド2021

愛知製鋼は1月7日、電動車シフトに伴う資源不足に対応するため、独自のジスプロシウムフリーボンド磁石「マグファイン」と、独自の高強度材料を融合し、従来比40%の小型軽量化を実現した電気自動車(EV)向け電動アクスルの技術実証に世界で初めて成功したと発表した。

東京メトロの大都市型MaaS『my!東京MaaS』が掲げる3つのキーワード…オートモーティブワールド2021 画像
鉄道

東京メトロの大都市型MaaS『my!東京MaaS』が掲げる3つのキーワード…オートモーティブワールド2021PR

東京地下鉄(東京メトロ)は、『my!東京MaaS』と名付けた大都市型MaaSに取り組んでいる。その第一段として8月に公式アプリをリニューアルしてMaaS機能を実装したのを始め、12月からはNTTドコモや東京海上日動あんしん生命保険と組んで健康応援キャンペーンも開始した。

自動運転テストコースなら北海道へ、無償提供する公道実証試験適地データに注目…名古屋オートモーティブワールド2020 画像
自動車 ビジネス

自動運転テストコースなら北海道へ、無償提供する公道実証試験適地データに注目…名古屋オートモーティブワールド2020

すべての完成車メーカーをはじめ、部品メーカーなど28のテストコースが集積する地、北海道。北の大地、北海道はいま、広大な土地、寒冷気候、アスファルトから悪路まで多様な実証試験モードにトライできる、全国で唯一の自動車テストコース王国として注目を集めている。

座席ヘッドレストに光る操作パネル、積水ポリマテックの3Dタッチセンサー技術…名古屋オートモーティブワールド2020 画像
自動車 ビジネス

座席ヘッドレストに光る操作パネル、積水ポリマテックの3Dタッチセンサー技術…名古屋オートモーティブワールド2020

自動車やエレクトロニクスの関連部品を手がける積水ポリマテック(積水化学工業グループ)は、第3回名古屋オートモーティブワールドで光る操作パネルが組み込まれたヘッドレストを展示し、注目を集めていた。

自動車関連工場にヘルメット一体型 複合現実デバイスを、ニコン・トリンブル…名古屋オートモーティブワールド2020 画像
自動車 ビジネス

自動車関連工場にヘルメット一体型 複合現実デバイスを、ニコン・トリンブル…名古屋オートモーティブワールド2020

ニコンと米国トリンブルのジョイントベンチャー、ニコン・トリンブルは、第3回名古屋オートモーティブワールドでヘルメット一体型 複合現実(Mixed Reality)デバイス「Trimble XR10」を展示。自動車製造工場などの担当者らから注目を集めた。

新幹線に採用された新素材シートをクルマに、東洋紡…名古屋オートモーティブワールド2020 画像
自動車 ビジネス

新幹線に採用された新素材シートをクルマに、東洋紡…名古屋オートモーティブワールド2020

第3回名古屋オートモーティブワールドに出展した東洋紡は、「コンセプトカーシート」を初出展。「新幹線にも採用されている座席素材を、こんどはクルマへ展開したい。これはそのコンセプトモデル」と来場者に伝えていた。

クルマの電子化・高電圧化でニーズ増、沖エンジニアリングの低分子シロキサン解析・暴露試験…名古屋オートモーティブワールド2020 画像
自動車 ビジネス

クルマの電子化・高電圧化でニーズ増、沖エンジニアリングの低分子シロキサン解析・暴露試験…名古屋オートモーティブワールド2020

第3回名古屋オートモーティブワールドに出展した沖エンジニアリングは、低分子シロキサン解析・暴露試験や、ロック員赤外線発熱解析のデモ展示に注目が集まった。

リアル展示会に「待ってました」の声、名古屋オートモーティブワールド開幕 初のオンライン商談も 画像
自動車 ビジネス

リアル展示会に「待ってました」の声、名古屋オートモーティブワールド開幕 初のオンライン商談も

10月21日、ポートメッセなごやで自動車技術展、「名古屋オートモーティブワールド」が開幕した。毎年1月に開催される東京展と双璧をなす規模に成長した同展は、今回で3回目。

オープンイノベーションによる日本版MaaSの構築、小田急グループの戦略とは…名古屋オートモーティブワールド2020 画像
自動車 ビジネス

オープンイノベーションによる日本版MaaSの構築、小田急グループの戦略とは…名古屋オートモーティブワールド2020PR

10月21日から開幕する「第3回 名古屋オートモーティブワールド」では、MaaSフォーラム『オープンイノベーションによる日本版MaaSの構築』の中で西村氏が「小田急グループの次世代モビリティ戦略」について語る。

マツダ『MX-30』竹内都美子主査が語る、「心が整う」クルマの新しいカタチとは…名古屋オートモーティブワールド2020 画像
自動車 ビジネス

マツダ『MX-30』竹内都美子主査が語る、「心が整う」クルマの新しいカタチとは…名古屋オートモーティブワールド2020PR

マツダが2019年の東京モーターショーで公開した、初の量産EVモデル『MX-30』。クロスオーバーSUVのフォルムを持つMX-30だが、開発責任者を務める竹内都美子主査は、「ドライバーの心の状態が整うクルマを目指した結果、あの形にたどり着いた」と明かす。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 29