人とくるまのテクノロジー展ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

人とくるまのテクノロジー展に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
JSAE 自動車技術会 東京モーターショー
ヤマハの出展テーマは「ロボティクス」…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

ヤマハの出展テーマは「ロボティクス」…人とくるまのテクノロジー2018

今回、ヤマハ発動機が「人とくるまのテクノロジー」に出展したのは『MOTOROiD(モトロイド)』と、自動搬送ロボットの『AFV』という2台のコンセプトモデルのみ。機械部品やエレクトロニクス部品の展示は一切しないという、思い切ったディスプレイだった。

SUPER GTのカーボンモノコックは、軽量高剛性なだけじゃなかった…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

SUPER GTのカーボンモノコックは、軽量高剛性なだけじゃなかった…人とくるまのテクノロジー2018

GT500マシンのカーボンモノコックをじっくりと眺められる機会が、今回の人とくるまのテクノロジー展であった。東レのブースに展示されていたのは、まさに本物のカーボンモノコック。東レの子会社、東レ・カーボンマジックが製作しているものだ。

12万円で最新版が手に入る、ワーテックスの後付け衝突警報装置…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

12万円で最新版が手に入る、ワーテックスの後付け衝突警報装置…人とくるまのテクノロジー2018

衝突警報装置、ドライブレコーダー、バックアイなどを製造・販売するワーテックスは、自社のドライブレコーダーシリーズを「人とくるまのテクノロジー」に展示。「実機はここにないけど」と伝えながら衝突警報装置「XLAS-505」を説明するスタッフの姿があった。

小型360度ドラレコや電動スーパーチャージャーに注目集まるHKS…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

小型360度ドラレコや電動スーパーチャージャーに注目集まるHKS…人とくるまのテクノロジー2018

オリジナルマフラーやサスペンションなど、自動車用チューニングパーツメーカーというイメージが先行するエッチ・ケー・エス(HKS)が、IoTコネクティッドサービス領域の新たなアイテムを「人とくるまのテクノロジー展」で公開し、注目を集めた。

可能性広がる、ジェイテクトの高耐熱 Liイオンキャパシタ…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

可能性広がる、ジェイテクトの高耐熱 Liイオンキャパシタ…人とくるまのテクノロジー2018

ステアリング操作を、従来の油圧ではなく電気モータでアシストする電動パワーステアリング(EPS)が広がるいま、ジェイテクトはEPS構成に入り込む高耐熱リチウムイオンキャパシタを開発。そのプロトタイプを「人とくるまのテクノロジー展」で公開した。

日野は小型電動プラットフォームに注目…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

日野は小型電動プラットフォームに注目…人とくるまのテクノロジー2018

日野自動車は『プロフィア』や『レンジャー』に搭載されている最新の安全・環境技術を「人とくるまのテクノロジー」に展示。また「小型EV商用車プラットフォーム 」は、来場者の大きな注目を集めていた。

ショーワは小型車むけ2駆4駆切り替え機構を参考出品…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

ショーワは小型車むけ2駆4駆切り替え機構を参考出品…人とくるまのテクノロジー2018

ショックアブソーバやドライブトレイン、パワーステアリングシステムなどを開発・製造するショーワは、「最も新しい開発段階モデル」という4輪車用ドライブトレーン「2-4WD切替デファレンシャル・キャリアアッセンブリー」を人とくるまのテクノロジーで公開していた。

EVの中核部分はインバータ、ロームがその進化をフォーミュラEで伝える…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

EVの中核部分はインバータ、ロームがその進化をフォーミュラEで伝える…人とくるまのテクノロジー2018

「SiCをウエハから一貫して製造する唯一のメーカー」のロームは、自社で開発・製造する半導体デバイスをラインナップ。「なかでもぜひ見てほしいのは、インバーターのフルSiCパワーモジュールへの変遷がわかるフォーミュラEコーナー」と同社。(人とくるまのテクノロジー展)

スバルは フォレスター 新型を展示…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

スバルは フォレスター 新型を展示…人とくるまのテクノロジー2018

パシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2018」。SUBARU(スバル)ブースの仕立てはきわめてシンプル。今夏に発売予定のSUV、次期『フォレスター』の実物ジオラマ展示のみだ。

矢崎総業は車内ネットワークを見える化、EEDDSを描く…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

矢崎総業は車内ネットワークを見える化、EEDDSを描く…人とくるまのテクノロジー2018

矢崎総業は、車両システムに必要な電力・信号・情報の分配・伝達、ドライバーへの情報伝達などの車内ネットワーク構成 EEDDS(Electrical / Electronic Distribution & Display System)を見える化して紹介。(人とくるまのテクノロジー2018)

スーパースポーツバイクはついにフレームもCFRPの時代に…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

スーパースポーツバイクはついにフレームもCFRPの時代に…人とくるまのテクノロジー2018

BMWのスーパースポーツバイク用として開発されたCFRP製のフレームを展示していたのは、ドイツのサプライヤーMubea社のブース。同社は子会社にCarbo Techと言うCFRP専門企業も傘下に収めており、高品質なCFRP製品を自動車メーカーなどに納入している。

三井化学、試験・実験段階の炭素繊維系や高熱伝導樹脂を紹介…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

三井化学、試験・実験段階の炭素繊維系や高熱伝導樹脂を紹介…人とくるまのテクノロジー2018

三井化学は、本体各事業部をはじめ、ジャパンコンポジットやプライムポリマー、三井化学SKCポリウレタン、三井化学東セロといったグループ企業のプロダクトを集結。開発進度をアイデア・試作実験・開発完了・製品化の4段階にわけて紹介した。

ケーヒンはEV制御、ガソリン車用燃料マネジメントのモジュールを展示…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

ケーヒンはEV制御、ガソリン車用燃料マネジメントのモジュールを展示…人とくるまのテクノロジー2018

四輪二輪の燃料供給、ハイブリッドシステム、電子制御製品などを開発・製造するケーヒンは、自社のEV用制御システム、ガソリン車用・小型二輪車用エンジンマネジメントシステム、空調システムを展示。

市内を完全自動で走行! 金沢大の自動運転車…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

市内を完全自動で走行! 金沢大の自動運転車…人とくるまのテクノロジー2018

「自動運転技術、進化と現状」という特別展では三菱電機がアウトランダーPHEVをベースに作った自動運転車xAUTOと、金沢大学 新学術創成研究機構 自動運転ユニットが開発中の自律型自動運転自動車などが展示されていた。

回す+ズラすだけ、三菱電機の近未来センターコンソール…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

回す+ズラすだけ、三菱電機の近未来センターコンソール…人とくるまのテクノロジー2018

高精度ロケータ、EVパワーモジュール、ADAS技術、48V系などのプロダクトを紹介する三菱電機で、注目を集めたのが「Knob-on-display」。センターコンソールの近未来を実機で描いたかたち。(人とくるまのテクノロジー展2018)

スズキ、各事業から最新モデルを展示して販売増を目論む?…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

スズキ、各事業から最新モデルを展示して販売増を目論む?…人とくるまのテクノロジー2018

四輪、二輪、船外機の各事業部から最新モデルを「人とくるまのテクノロジー展」に展示したのがスズキだ。そこには少しでも販売台数を伸ばそうという思いが感じられる。

来場者で埋め尽くされるマツダの展示、その理由は?…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

来場者で埋め尽くされるマツダの展示、その理由は?…人とくるまのテクノロジー2018

「人とくるまのテクノロジー展」の、黒を基調にしたマツダブースは常に来場者で埋め尽くされ、中になかなか入れないほどの賑わいだ。これにはマツダ関係者も驚きを隠さない。

ホンダが ゴールドウイング の内部を公開、来場者は興味津々…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

ホンダが ゴールドウイング の内部を公開、来場者は興味津々…人とくるまのテクノロジー2018

「人とくるまのテクノロジー」のホンダブースは例年と違っていた。これまで主役は四輪車がほとんどだったが、今回は二輪車の『ゴールドウイング』。

クルマでコネクトの課題を探る三菱自動車…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

クルマでコネクトの課題を探る三菱自動車…人とくるまのテクノロジー2018

パシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2018」。三菱自動車ブースの主役は新型SUV『エクリプスクロス』。車両と1.5リットルターボエンジンの単体の展示で新モデルの存在感向上を図っていた。

シェフラーはメカトロ技術をベースにシステムを提供…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

シェフラーはメカトロ技術をベースにシステムを提供…人とくるまのテクノロジー2018

ドイツのメカトロニクス部品大手のシェフラーは、「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」に出展し、エンジンやトランスミッション、シャシ部品、電動パワートレイン向けシステムなどを展示した。

鋳造部品の砂型を3Dプリンターで作るダイハツの技術…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

鋳造部品の砂型を3Dプリンターで作るダイハツの技術…人とくるまのテクノロジー2018

パシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2018」。ダイハツブースはリッターカークラスのミニバン『トール』と軽エコカー『ミライース』の現行車2台を展示するシンプルな構成。

日産が訴求するインテリジェントモビリティ…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

日産が訴求するインテリジェントモビリティ…人とくるまのテクノロジー2018

パシフィコ横浜で行われている「人とくるまのテクノロジー展2018」。日産自動車はEV『リーフ』を柱に、電動化、自動化、コネクトなど将来技術に関する展示を行っていた。

コンチネンタル、ソリッドステート型3Dフラッシュライダーをアピール…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

コンチネンタル、ソリッドステート型3Dフラッシュライダーをアピール…人とくるまのテクノロジー2018

ドイツの部品大手コンチネンタルは人とくるまのテクノロジー展に出展し、3Dフラッシュライダーや、曲面ディスプレイを採用した「カーブドセンタースタックシステム」などを展示した。

トヨタが未来の水素プラットフォームを提案…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

トヨタが未来の水素プラットフォームを提案…人とくるまのテクノロジー2018

パシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2018」。トヨタ自動車のブースの主役は燃料電池車(FCEV)と水素プラットフォームの提案だ。

ニューラルネットワークを組み込んだ ボッシュ のカメラモジュール…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

ニューラルネットワークを組み込んだ ボッシュ のカメラモジュール…人とくるまのテクノロジー2018

ボッシュは人とくるまのテクノロジー展に出展し、世界初公開となる車載カメラモジュール、スマートフォンを利用するスマートーキーシステム、高精度な自車位置測位システムなどを展示した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 23