レクサス UX にEV設定か、「UX 300e」を欧州で商標登録

レクサス UX 欧州仕様
  • レクサス UX 欧州仕様
  • レクサス UX 欧州仕様
  • トヨタ自動車が欧州で「UX 300e」の名前を商標登録したことを公表しているEUIPO(欧州連合の知的財産庁)の公式サイト

レクサス最小のクロスオーバー車として、発表されたばかりの『UX』(Lexus UX)。同車に将来、EVが設定される可能性が出てきた。

これは、EUIPO(欧州連合の知的財産庁)が開示しているデータから明らかになったもの。トヨタ自動車が欧州において、「UX300e」の名前を商標登録したことが記されている。

UXの欧州仕様車には、新開発のハイブリッドシステムを搭載する「UX250h」グレードを設定する。UX250hには、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせた新開発のハイブリッドシステムを採用し、GA-Cプラットフォーム用の4WDシステム、「E-Four」を組み合わせている。

今回、欧州でUX 300eの名前が商標登録された事実から考えると、レクサスUXに将来、EVが追加設定される可能性がある。EU(欧州連合)は2030年の乗用車に適用するCO2の排出量を、2021年に対して37.5%削減する規制案を発表している。この目標は、既存のエンジンの改良車やハイブリッド車の販売比率を引き上げることでは達成が困難と見られることから、各社はEVへのシフトを加速させるものと予想される。レクサスがUXにEVを設定する可能性はありそうだ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集