日本のクルマ作りに貢献する カローラスポーツ…九島辰也【日本カーオブザイヤー2018-19】

日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:トヨタ・カローラスポーツ
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:トヨタ・カローラスポーツ
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:トヨタ・カローラスポーツ
  • 「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」最終選考会
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト

高く評価しないわけにはいかない……。「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」の最終選考会が7日、行なわれ、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。選考委員でモータージャーナリストの九島辰也氏はトヨタ『カローラスポーツ』に10点を投じた。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2018-2019では、XC40が363点でイヤーカーに選ばれた。カローラスポーツは次点の314点、3位はフォルクスワーゲン『ポロ』の197点だった。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された九島氏のコメント。

☆☆☆

カローラスポーツは日本を代表するモデルの血統にあって、それがこれだけ運転して楽しいクルマに仕上がったのですから高く評価しないわけにはいきません。これで少しでも多くのドライバーが運転することを楽しく感じ、その要求を強めることになれば、今後の日本のクルマ作りに大きく貢献することになるでしょう。いろいろな意味でとても印象的なクルマです。

☆☆☆

全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ・カローラスポーツ:10点
三菱エクリプスクロス:2点
アルファロメオ・ステルヴィオ:3点
ボルボXC40:5点
フォルクスワーゲン・ポロ:5点

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集