ジャガー・ランドローバーが未来的電動バイク『ベクター』に出資、電動化戦略の一環…EICMA 2018

アーク・ベクター
  • アーク・ベクター
  • アーク・ベクター
  • アーク・ベクター
  • アーク・ベクター

ジャガー・ランドローバーは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)で電動バイクの『ベクター』(Vector)を初公開した英国の新興二輪車メーカー、アーク(Arc)に出資すると発表した。

アークは、英国の自動車産業の中心地、コベントリーに本拠を構える新興二輪車メーカーだ。同社のベクターは、新世代の電動バイクで、0~96km/h加速3.1秒、最高速200km/hの性能を持つ。1回の充電での航続は、市街地でおよそ320km、高速道路でおよそ190km。急速チャージャーを利用すれば、バッテリーは45分で充電できる。

また、ベクターには最新の技術として、「HUD(ヘッドアップディスプレイ)ヘルメット」が採用されており、「ゼニス」と命名されたヘルメットのバイザーに、速度やナビゲーションなどの情報を投影する。オプションで、「ハプティクスライドウェア」と呼ばれるライダーズジャケットも設定。ハプティクスとは、触覚を通じて情報を伝達するテクノロジーで、ライダーズジャケットを振動させて、潜在的な危険をライダーに警告したり、バイクの能力の限界にどれくらい近づいているかを知らせたりすることを可能にした。

ジャガー・ランドローバーは、このアークへの出資を発表した。ジャガー・ランドローバーは、ジャガー初の市販EV、『I-PACE』を発売するなど、電動化を進めている。今回のアークへの出資は、ジャガー・ランドローバーの電動化戦略の一環となる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集