【レクサス ES 新型】二律双生から生まれた“ときめき”セダン[詳細画像]

レクサス ES 新型(ES300h)
  • レクサス ES 新型(ES300h)
  • レクサス ES 新型(ES300h)
  • レクサス ES 新型(ES300h)
  • レクサス ES 新型(ES300h)
  • レクサス ES 新型(ES300h)
  • レクサス ES 新型(ES300h)
  • レクサス ES 新型(ES300h)
  • レクサス ES 新型(ES300h)

レクサスは7代目となる『ES』をフルモデルチェンジ。これまで導入のなかった日本市場でも10月24日より販売を開始した。GA-Kプラットフォームの採用により、走り、デザインを進化、ESの原点と言える「上質な快適性」を追求した。価格は580万円から。

新型ES開発にあたってのこだわりを、レクサスインターナショナルLIZ製品企画チーフエンジニアの榊原康裕氏は、「ESはLCやLSなどのフラッグシップと異なり、日常使うクルマ。毎日のライフシーンの中で何気ないときに、あ素敵だな、ちょっと感動したなど、ときめきを感じる瞬間があると思うが、それをこのESでも感じてもらいたい」と話す。

「例えば、お気に入りの時計を身につけたときや、着心地のいい、仕立ての良いシャツに袖を通したときなどに感じるような。そういうときめきをESとの日々のふれあいの中からも感じてもらえたら」(榊原氏)

これを実現するために、2つの重きを置いて開発された。「ひとつは、人を中心に考えた上質な快適性。これに新しい知見を入れてさらに進化をさせること。もうひとつは、乗り心地、静粛性、広さだけではなく先に発売された『LC』や『LS』と同じように新世代のレクサスとしてデザインでも走りでもときめきを感じてもらえるようにした」という。

「乗り心地が良くて走りも良い。室内が広いけれども流麗なデザインで格好良いデザインを持っているという、エンジニアリング的には二律背反することを、二律双生してこそ新しい魅力が生まれるという思いで開発した」とESにかける思いを語った。

《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集