日産、フォーミュラE参戦への準備を加速…「e.dams」との提携関係を強化

エコカー EV
日産のフォーミュラEマシン
  • 日産のフォーミュラEマシン
  • 日産のフォーミュラEマシン
  • 日産のフォーミュラEマシン
日産自動車(Nissan)は9月12日、2018年12月に開幕する「ABB FIA フォーミュラE選手権」第5シーズンへの初参戦を控え、同選手権でシリーズタイトルを獲得した「e.dams」の株式を取得し、提携関係を強化した、と発表した。

フォーミュラEの第5シーズンでは、第2世代となる新型のフォーミュラEマシンに加え、新たなレースフォーマットを導入する。第2世代のフォーミュラEマシンは、過去のシーズンのようにレースの途中で車両を乗り換える必要がない。レース中は200kWで走行し、アクティベーションゾーンを走行する際には225kWまで出力を高められる。

アクティベーションゾーンは、現地で観戦するファンだけでなく、オンラインやテレビで観戦するファンにも分かるようコース上に表示。コックピットを保護するハロデバイス上にLEDライトが点灯し、2種類のパワーモードのどちらを使用しているか識別。さらにファンは、ファンブーストシステムを使って好きなドライバーに投票でき、上位3人は一定時間、通常より多い最大出力250kWの電気を使用できる。

日産が提携関係を強化したe.damsは30年以上、欧州のオープンホイールカテゴリーにおいて、優れた成績を収めてきたレーシングチーム「DAMS」がベース。共同創設者のジャンポール・ドリオ氏がチーム監督を務めている。

また、フランスのルマンに拠点を置くe.damsは、日産のアライアンスパートナーのルノーとパートナーシップを組み、フォーミュラEが発足してから3年連続でチームタイトルを獲得。フォーミュラEにおける最多勝利と最多ポールポジション獲得の記録も保持している。

なお、日産とe.damsは、すでに第2世代のフォーミュラEマシンのテストを開始した、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集