BMWがフォーミュラEのプロトタイプ iFE.18 発表 2018-19年シーズンから参戦

BMWグループは4月10日、2018~2019年シーズンの「フォーミュラE」に参戦するための新型レーシングカー、BMW「iFE.18」のプロトタイプを発表した。

エコカー EV
BMW iFE.18 のプロトタイプ
  • BMW iFE.18 のプロトタイプ
  • BMW iFE.18 のプロトタイプ
  • BMW iFE.18 のプロトタイプ
  • BMW iFE.18 のプロトタイプ
  • BMW iFE.18 のプロトタイプ
BMWグループは4月10日、2018~2019年シーズンの「フォーミュラE」に参戦するための新型レーシングカー、BMW「iFE.18」のプロトタイプを発表した。

BMWグループは2018~2019年シーズンから、フォーミュラEに公式メーカーとして参戦する予定。BMWグループは、マイケル・アンドレッティ氏が率いるアンドレッティ・フォーミュラEチームに参加する形を取る。

BMWグループは、フォーミュラEプロジェクトを市販車の開発に反映する方針。新しい電動パワートレーンを搭載した次世代のBMW「i」モデルの開発に役立てていく。

BMWグループは2018年12月に開幕する第5シーズンから、フォーミュラEに参戦する計画。今回、発表されたiFE.18のプロトタイプは、開発の最終段階にある。新開発の電動パワートレーンは、BMW iとBMW モータースポーツのエンジニアの緊密な協力の成果、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集