トヨタ ヤリスセダン はマツダ デミオ ベースのOEM…ニューヨークモーターショー2018で発表予定

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ・ヤリス・セダン
  • トヨタ・ヤリス・セダン
  • トヨタ・ヤリス・セダン
  • トヨタ・ヤリス・セダン
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月26日、『ヤリス・セダン』の概要を明らかにした。実車は3月28日、米国で開幕するニューヨークモーターショー2018で初公開される予定。

ヤリス・セダンは従来、『ヤリス iA』と呼ばれていたモデル。もともとは、米国の若者向けブランド、サイオンの『iA』だったが、2016年のサイオンブランド廃止に伴い、トヨタブランドに移行し、ヤリス iAに。このヤリス iAが改良を機に、ニューヨークモーターショー2018でヤリス・セダンとしてデビューする。

ヤリス・セダンも引き続き、マツダ『デミオ・セダン』ベースのOEMであることに変わりはない。マツダが主に東南アジア市場に投入しているデミオセダンをベースに、グリルやバンパー、ヘッドライトなどを専用デザインに変更した。

パワートレインは、マツダ製の1.5リットル直列4気筒ガソリン。最大出力106hp、最大トルク14.2kgmを発生する。トランスミッションは、6速MTと6速ATが用意されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集