【F1】トロロッソが2018年マシンを発表、今年からホンダPUを搭載

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
トロ・ロッソ『STR13』
  • トロ・ロッソ『STR13』
  • トロ・ロッソ『STR13』
  • トロ・ロッソ『STR13』
  • トロ・ロッソ『STR13』
  • トロ・ロッソ『STR13』
2018年のF1世界選手権に参戦するスクーデリア・トロロッソが26日、スペインのバルセロナにあるカタロニアサーキットで、今季のマシン『STR13』を公開した。

昨年、コンストラクターズランキング7位に終わったトロロッソは、今年からホンダのパワーユニットを搭載することで注目を集めている。この日は、同サーキットで2018年のプレシーズンテストが始まるということで、多くのプレスが集まり、マシンのアンベールの瞬間を迎えた。

マシンのカラーリングは昨年同様に、明るめの青がメイン。両サイドに大きく赤いラインが入っているのが特徴で、エンジンルーム付近には「HONDA HYBRID」のロゴが大きく入っているのが印象的だ。

ドライバーも1年前から一新され、2016年のGP2(現FIA-F2)チャンピオンで、昨年は日本のスーパーフォーミュラで2勝を挙げる活躍を見せたピエール・ガスリーと、WEC(世界耐久選手権)で活躍経験のあるブレンドン・ハートレーがレギュラー参戦する。

今年で4年目となるホンダF1第4期の活動。これまでの3年はマクラーレンと組んで活動してきたが、目標としていた結果が得られず、パートナーシップを解消することになってしまった。今年は心機一転、トロロッソとともに上位進出を目指す。
《吉田 知弘》

特集