スズキ ジムニー 新型に続報! ワイド版「シエラ」も登場確実…デザイン予想

20年振りのフルモデルチェンジが実行されるスズキ『ジムニー』だが、その次期型にもトレッドをワイド化した普通車カテゴリーの『シエラ』が設定される可能性が高いことが判明した。

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ ジムニーシエラ 次期型予想CG
  • スズキ ジムニーシエラ 次期型予想CG
  • スズキ ジムニー 次期型スクープ写真
  • スズキ ジムニー 次期型スクープ写真
  • スズキ ジムニー 次期型スクープ写真
  • スズキ ジムニー 次期型スクープ写真
20年振りのフルモデルチェンジが実行されるスズキ『ジムニー』だが、その次期型にもトレッドをワイド化した普通車カテゴリーの『シエラ』が設定される可能性が高いことが判明した。

レスポンスの兄弟サイト、Spyder7では開発中のテスト車を捉えた写真を入手しているが、今回はそれを参考にCGを制作。ほぼこのデザインで発売されるはずだ。次期型ボディでもワイドフェンダーやスキッドプレートを装着し、ボンネットにはパワーバルジを持つ。

ベースモデルの軽自動車ジムニー同様、次期シエラには強度や耐久性に特化した最新版のラダーフレームを採用。オフロード色を濃くしたボクシースタイルはまるで「ベイビーGクラス」だ。

ジムニーに予想されるパワートレインは、660cc直列3気筒ターボ+「Sエネチャージ」マイルドハイブリッドで、駆動方式はローレンジ付きAWD、またはFRを選択可能になるという。一方シエラには、1.3リットル直列4気筒NAデュアルジェットエンジンが予想される。熱効率を高めるため、スズキの様々な先進技術を結集したエンジンで、『スイフト』を始め『ソリオ』や『イグニス』にも搭載されている。

コックピットもオフロード色が強められたデザインが採用され、センターには最新のインフォテイメントディスプレイが装備される。

ワールドプレミアは、ジムニーが2018年夏で、シエラは2019年春が予想される。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集