モデリスタ、コンセプトカー3台を関西地区で初公開予定…大阪オートメッセ2018

自動車 ニューモデル モーターショー
モデリスタ C-HR ソニックエモーション(東京オートサロン2018)
  • モデリスタ C-HR ソニックエモーション(東京オートサロン2018)
  • モデリスタ『トヨタ新型クラウンコンセプト』(東京オートサロン2018)
  • モデリスタ ノア MU コンセプト
  • モデリスタからアルファード用エアロキット
トヨタモデリスタインターナショナルは、2月10日から12日の3日間、インテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2018」に出展、3台のコンセプトカーを関西地区初披露する。

『ソニック・エモーションC-HRコンセプト』は会社創立20周年を機に会社のモットーである「あなたの“もっと”に応えたい」をさらに深化させる思いが込められた、モデリスタの未来、カスタマイズの未来を見据えたモデル。ラグジュアリー感とスピード感を併せ持ち、これまでのモデリスタにはない大胆なデザインやパーツ構成により、圧倒的な変わり映え感を提供している。

さらにカーライフをもっと楽しくするカスタマイズを手掛けるモデリスタならではの“使える・泊まれるカッコイイミニバン"『ノアMU(Multi Utility)コンセプト』、東京モーターショーで披露されたクラウンコンセプトをいち早くカスタマイズした『クラウン・コンセプト・モデリスタ』を関西初公開。そのほか、昨年12月25日に発表されたばかりの『アルファード モデリスタ』、『ヴェルファイア モデリスタ』を展示する。

モデリスタブースは、展示車両ごとにモデリスタデザインの世界観を感じられる構成とし、さらにモデリスタカスタマイズクイーンによる車両説明イベント、フォトセッションなどを実施する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集