部分自動運転が可能、BMW 2シリーズ アクティブツアラー / グランツアラーに改良新型

自動車 ニューモデル 新型車

BMW2シリーズ・アクティブツアラー改良新型
  • BMW2シリーズ・アクティブツアラー改良新型
  • BMW2シリーズ・アクティブツアラー改良新型
  • BMW2シリーズ・アクティブツアラー改良新型
  • BMW2シリーズ・アクティブツアラー改良新型
  • BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー 改良新型
  • BMW2シリーズ・アクティブツアラー改良新型
  • BMW2シリーズ・アクティブツアラー改良新型
  • BMW2シリーズ・アクティブツアラー改良新型
BMWは、改良新型『2シリーズ・アクティブ ツアラー』および『2シリーズ・グラン ツアラー』に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

両車は、BMWブランド初のFF車であり、MPV。2列シートの5名乗りが「アクティブツアラー」、3列シートの7名乗りが「グランツアラー」を名乗る。

改良新型モデルでは、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載。「ドライビング・アシスタンス・プラス」パッケージとして、ストップ&ゴー機能付きの「アクティブ・クルーズ・コントロール」が設定される。このアダプティブ・クルーズ・コントロールは、カメラをベースにしたシステム。高速道路では140km/hを上限に、車両が自動的にブレーキとアクセルを制御する。

また、「トラフィック・ジャム・アシスタント」も設定。渋滞の際、60km/hを上限に、車両が車速やステアリングホイールを自動的にコントロールし、車線を維持してくれる。

この他、シティブレーキ機能付きの車線逸脱警告、自動的に縦列駐車を行う「パーキング・アシスタント」、ナビシステムのデータを分析し、燃費に優れる推奨走行ルートを提示する「プロアクティブ・ドライビング・アシスタント」などが用意されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集