BMW i8クーペ に改良新型、最新の先進運転支援を搭載…デトロイトモーターショー2018で発表

BMWグループは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017で初公開した改良新型『i8クーペ』に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

自動車 ニューモデル モーターショー
BMW i8クーペ 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • BMW i8クーペ 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • BMW i8クーペ 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • BMW i8クーペ 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • BMW i8クーペ 改良新型
  • BMW i8クーペ 改良新型
  • BMW i8クーペ 改良新型
  • BMW i8クーペ 改良新型
  • BMW i8クーペ 改良新型
BMWグループは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017で初公開した改良新型『i8クーペ』に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

改良新型i8クーペには、ブレーキ機能を備えたクルーズコントロールシステムと、サラウンドビューを含む運転支援システムを標準装備。シティブレーキ機能を備えた衝突警告と歩行者警告、前後のセンサーによるパークディスタンスコントロール、ハイビームアシスタント、スピードリミットインフォメーション、サイドビュー&トップビュー機能も採用する。

オプションで、BMWレーザーライトが選択可能。600mのハイビーム照射範囲を備えた非眩惑のレーザーヘッドライト。BMWによると、標準装備のフルLEDヘッドライトの2倍の性能を発揮するという。

また、改良新型i8クーペには、音で車両の接近を歩行者に知らせる機能を標準装備。この機能により、EVモードで低速走行している時、歩行者が車の存在に気づきやすくなる。タイヤのノイズがほとんど歩行者に聞こえない30km/h以下の速度域で作動する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集