最後のポールスター・コンプリートカー「ボルボS60ポールスター」[写真蔵]

ポールスターは今年、電動車ブランドとして独立することを発表しており、またS60/V60も近くモデルチェンジを迎えることから、ボルボのハイパワーなピュア・ガソリン車としてのコンプリートカーを手に入れる最後のチャンスとなりそうだ。

自動車 ニューモデル 新型車
ボルボS60ポールスター
  • ボルボS60ポールスター
  • ボルボS60ポールスター
  • ボルボS60ポールスター
  • ボルボS60ポールスター
  • ボルボS60ポールスター
  • ボルボS60ポールスター
  • ボルボS60ポールスター
  • ボルボS60ポールスター
ボルボの高性能コンプリートカー『S60/V60ポールスター』が、ついにファイナルモデルとなった。ボルボのモータースポーツ活動やカスタマイズ分野の公式パートナーであるポールスターが手がけた限定車で、「そのままでもサーキット走行が可能」なほどのスペックの持ち主だ。

ポールスターは今年、電動車ブランドとして独立することを発表しており、またS60/V60も近くモデルチェンジを迎えることから、ボルボのハイパワーなピュア・ガソリン車としてのコンプリートカーを手に入れる最後のチャンスとなりそうだ。

S60/V60ポールスターは、日本では2014年から導入。2014年は計90台、2015年は50台、2016年は100台を販売。今回、ファイナルモデルとなる2017年は計50台(S60:20台、V60:30台)のみの販売となる。価格はS60ポールスターが859万円、V90ポールスターが879万円。

S60/V60ポールスターの初期モデルは、3リットル直6エンジンを搭載していたが、2016年より2リットル4気筒ターボの新エンジンに変わった。排気量はダウンサイズしながらも出力は367psへと16psアップ、戦闘力を高めた。0-100km/h加速はS60で4.7秒を誇る。ベースモデルからは、エンジン、ターボ、シャシー、サスペンションなどあらゆる部分に手が加えられ、260もの専用パーツを新規に採用している。2017年モデルは、エンジン、車体含め、2016年モデルからスペックそのものに変化はない。しかし、ファイナルモデルにふさわしい装備が多数加えられているのが特徴だ。

新装備としては、フロントスポイラー下部、サイドシル下部、ドアミラーカバー、トランクスポイラーのエクステンション(S60のみ)にカーボンファイバーパーツが採用された。一見ふつうのボルボ車にしか見えない「羊の皮をかぶった狼」的エクステリアが従来モデルの特徴であったが、2017年モデルでは、控えめながらスポーティ色が押し出されている。

専用20インチアルミホイールにブラックの差し色が入り、より端正かつ立体的に。組み合わせられるミシュラン・パイロットスーパースポーツには、ノイズ低減機能が新採用となっている。ほか、エンドパイプの装着や、新シート表皮、ステッチの採用に加え、右側シートサイドに『90シリーズ』同様のスウェーデン国旗が奢られるなど、細かい部分にも手が加えられた。

ファイナルモデルは世界で1500台のみの限定販売となる。今回はじめてシリアルナンバーが入るのも、オーナーにとっては嬉しいポイントだ。フロントドアを開けたスカッフプレートに個体番号が割り振られ、乗り込む度に特別感を味わうことができるだろう。

最後に、これは従来モデルから採用されているものだが、実はS60/V60ポールスターには取扱説明書に書かれていない走行モード「SPORT+」というモードが存在する。もしかすると、従来モデルのオーナーでも知らない人が居るかもしれないので、その機能と起動方法をお伝えしよう。SPORT+モードでは、シフトポイントが4000rpm(2速以上)に、シフトスピードが高速化、カーブホールド&ファストオフがオンになるなど、スポーツ走行に最適化したパワートレイン・セッティングがおこなわれる。

操作は以下の通り。(1)停止状態で(2)ギアレバーを「Sモード」に倒す(3)パドルシフト右側の「+(プラス)」を引いたまま(4)ギアレバーを「ー(マイナス)」方向に2度倒す(5)メーターパネルの「S」マークが点灯すれば「SPORT+」に。これで完了だ。通常のSモードでもかなりハイパフォーマンスな走りが期待できるが、高速コーナリングを最速で駆け抜けるならこのSPORT+がおすすめだ。ただし、あっという間にレッドゾーンまで回るため、公道でその性能のすべてを味わうことは難しいだろう。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集