日産、軽自動車タイプのEVを2019年発売か…リーフ技術採用、三菱にも供給

自動車 ニューモデル 新型車

日産自動車が軽自動車タイプのEVを2019年にも発売するという。画像は予想CG
  • 日産自動車が軽自動車タイプのEVを2019年にも発売するという。画像は予想CG
  • 日産 新型リーフのEVパワートレイン
  • 日産 新型リーフのEVパワートレイン
  • 日産 新型リーフのEVパワートレイン
  • 日産 デイズ(ハイウェイスターX プレミアムセレクション)
  • 三菱 i-MiEV(参考画像)
日産自動車は、三菱自動車との共同開発による同社初の軽自動車タイプのEVを、2019年にも発売する可能性が高いことが分かった。開発は日産主導の元で進められ、傘下の三菱にもOEM共有されることになるという。

電動車(EV・PHEV)の市販化においてパイオニアである日産と三菱。ともに優れたEVパワートレインを持つが、新型EVは日産『リーフ』の技術を用いたものになるようだ。車体は、『デイズ』などで実績のあるNMKV(日産と三菱の合弁会社)による軽自動車プラットフォームとなる。軽自動車のEVといえば、市販EVの先駆けとなった三菱『i-MiEV』が浮かぶが、新型はどうなるか。

そこでSpyder7では今回、予想CGを製作した。ボディデザインは三菱i-MiEVを彷彿させる空力ボディの卵形をイメージ。フロントは「Vモーション」の流れを持つワイドグリルを持ち、ヘッドライトはEVらしいブルーのLEDやホワイトの透過パネルをグリルに装着した。

ボディサイドは立体感を持たせるラインで高級感と上質さをアピールし、中央部アンダー部分を削ったデザインは、フロント/リアタイヤハウスに迫力感をアップ。これまでの軽自動車では見られない斬新なエクステリアに期待したい。

リーフのEV技術を移植し、最高出力は75psを発揮、航続距離は200kmを目指し開発されているようだ。また、軽自動車初の「プロパイロット」採用も考えられるだろう。

開発は順調で、2019年発売を予定しているという。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集