ライドシェアは自動運転で…ボルボカーズがウーバーに2万4000台を供給 2019-21年

自動車 テクノロジー ITS

ボルボXC90ベースのウーバーの自動運転車
  • ボルボXC90ベースのウーバーの自動運転車
  • ボルボXC90ベースのウーバーの自動運転車
ボルボカーズは11月20日、ライドシェア大手のウーバー(Uber)に2019~2021年の間、自動運転車2万4000台を供給することで合意した、と発表した。

2万4000台の自動運転車のベース車両は、ボルボカーズが生産し、ウーバーがボルボカーズから購入。ベース車両は、ボルボカーズの新世代プラットフォーム「SPA」を元に開発。SPAは現在、ボルボの「90シリーズ」をはじめ、新型『XC60』にも採用されている。

ボルボカーズとウーバーは、同一のベース車両を自社の自動運転車戦略の次のステップに活用。ウーバーが自社開発した自動運転システムをボルボのベース車両に適用。またボルボは、ベース車両を、完全な自動運転を含む、自社の自動運転戦略の次世代車として使用していく。

ボルボカーズのホーカン・サムエルソンCEOは、「目標は、世界中の自動運転のライドシェアサービスのプロバイダーのサプライヤーになること。 今回のウーバーとの合意は、その戦略的方向性の代表例」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集