【SEMA 2017】レクサス LS 新型、早くもカスタマイズ…迫力のローダウン

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス LS 新型のカスタマイズモデル
  • レクサス LS 新型のカスタマイズモデル
レクサスは10月27日、米国ラスベガスで10月31日に開幕するSEMAショー2017において、新型『LS』のカスタマイズカーを初公開すると発表した。

このカスタマイズカーは、新型LSのスポーツ仕様、「F SPORT」がベース。F SPORTは、専用の縦基調のメッシュスピンドルグリルを採用。インテリアは、専用シートをはじめ、握る位置に合わせて断面形状を緻密に変化させた専用ステアリング、『LFA』の意匠を継承するメーターリングスライド機構を備えたTFT液晶メーターを装備する。

足回りには、専用の20インチベンチレーテッドディスクブレーキや20インチランフラットタイヤ&ホイールを採用。VDIMは、VGRS、EPS、DRSを統合制御するレクサスダイナミックハンドリングシステム(LDH)に、アクティブスタビライザーやAVSを協調制御させることで、車両のロールや上下運動の制御を可能にしている。

この新型LSのF SPORTをベースに米国のGordon Tingとレクサスが、共同でカスタマイズを手がけ、SEMAショー2017で初公開する予定。ワイドタイヤ&ホイールを装着したうえで、ローダウンし、迫力を増しているのが見て取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集