【東京モーターショー2017】ペットのようにバイクが自分のもとへ…人工知能搭載ヤマハ モトロイド

自動車 ニューモデル モーターショー

ヤマハ・モトロイド(東京モーターショー2017)
  • ヤマハ・モトロイド(東京モーターショー2017)
  • MOTOROiD(モトロイド)とヤマハ発動機 代表取締役社長 柳弘之氏。
  • ヤマハ・モトロイド(東京モーターショー2017)
  • ヤマハ・モトロイド(東京モーターショー2017)
  • ヤマハ・モトロイド(東京モーターショー2017)
  • ヤマハ・モトロイド(東京モーターショー2017)
  • ヤマハ・モトロイド(東京モーターショー2017)
  • ヤマハ・モトロイド(東京モーターショー2017)
ヤマハブースにあるのは、自律するモーターサイクル『MOTOROiD(モトロイド)』。人工知能AIによる顔認識機能によってオーナーを検知すると、自ら2輪で自立しスタンバイの状態で待ち、手招きなどのジェスチャーを認識するとオーナーのすぐ近くまでやってくる。

ヤマハ発動機の代表取締役社長柳弘之氏は、モトロイドを呼び寄せるところを東京モーターショーのプレスカンファレンスでやって見せた。

2輪車が自身で倒れることなく静止し、前進するのはとても難しい。ヤマハは「AMCES(アムセス)」という独自の機構でこれを実現している。スイングアームの付け根で後輪がねじれるように動き、バランスを取って自立してしまう。

そしてライダーが跨ってハンドルを握ると、テールカウルだと思っていたところが自動でライダーのウエスト部を抱き抱えるようにフィット。これは「ハプティックデバイス」と呼ばれ、こうしてマシンがライダーに触れることで直観的な情報のやり取りを目指すという。

低速での後退もでき、まさに常識を覆すコンセプトモデルとなっている。研究は知能化技術というインテリジェンスを用いて、まだまだ続きそうだ。

MOTOROiD
■全長×全幅×全高=2,060 mm×600 mm×1,090 mm
■原動機種類=リアインホイールモーター
■燃料供給=リチウムイオンバッテリー
■車両重量=213kg



《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集