【東京モーターショー2017】ダイハツ奥平社長「良品廉価に磨きをかけて」…コンパーノ など

自動車 ニューモデル モーターショー

ダイハツ(東京モーターショー2017)
  • ダイハツ(東京モーターショー2017)
  • ダイハツ(東京モーターショー2017)
  • ダイハツ(東京モーターショー2017)
  • ダイハツ(東京モーターショー2017)
  • ダイハツ奥平社長(東京モーターショー2017)
10月25日、第45回東京モーターショーのプレスデー1日目、ダイハツのプレスブリーフィングに奥平総一郎社長が登壇。創立110年を迎える同社の将来ビジョンとコンセプトカーについて熱弁を振るった。

「110周年にあたり策定した新しいグループスローガンは『Light you up らしく、ともに、軽やかに』。先進技術をみんなのものに---をキーワードに、EVや自動運転も含め、お客様の暮らしを軽やかで輝いたものにする商品を、良品廉価に磨きをかけてお届けしたい。とくに安全分野では、歩行者も検知するスマートアシストを今後も進化させ、すべてのお客様が自由に安心して移動できるクルマを作っていく。将来的にはご高齢で、ご自身での運転が困難なお客様が一人で移動できるクルマを提供し、お客様のモビリティライフを豊かにするお手伝いをしていきたい」

コンセプトカーは世界初公開、日本初公開を合わせて5台。ステージ中央を陣取るのは、排気量1リットルクラスの4ドアクーペ『コンパーノ』。

「高齢化社会が進むなか、いくつになってもアクティブに暮らしたいという方々に喜んでいただけるクルマを目指した。ちょっとしたドライブや近所のお洒落なカフェに夫婦2人ででかける、お出かけがさらに若々しさを保つといった暮らしを提案したい。パワートレインは1リットルターボのほか1.2リットルハイブリッドも搭載可能」(奥平社長)

その他のコンセプトカーはスペース系ワゴンとコンパクトSUV。スピーチの後、奥平社長はEVのマルチユースバン『DNプロカーゴ』の前でフォトセッション。東京モーターショーでは毎回、カラフルな装いと楽しいパフォーマンスで花を飾るダイハツブース。今回もなかなか楽しそうだ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集