【東京モーターショー2017】トヨタ、AI搭載のEVコンセプト「愛i」シリーズ3台を出品予定

自動車 ニューモデル モーターショー

TOYOTA Concept-愛i シリーズ
  • TOYOTA Concept-愛i シリーズ
  • TOYOTA Concept-愛i シリーズが提供する価値
  • TOYOTA Concept-愛i
  • TOYOTA Concept-愛i
  • TOYOTA Concept-愛i RIDE
  • TOYOTA Concept-愛i RIDE
  • TOYOTA Concept-愛i RIDE
  • TOYOTA Concept-愛i RIDE
トヨタ自動車は、「未来の愛車」を具現化したEVコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」シリーズを、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に出展する。

Concept-愛iシリーズは、ドライバーをより理解し、共に成長するかけがえのないパートナーして、新しい時代の「愛車」となることを目指したコンセプトモデルだ。人工知能(AI)を応用し、ドライバーの感情認識や嗜好推定を行う「人を理解する」技術をシリーズ共通のコア技術として採用。人を理解する技術と自動運転技術を組み合わせ、ドライバーを「安全・安心」に導くほか、エージェント技術と組み合わせることで、ドライバーの気持ちを先回りした提案を可能としている。

今回、1月の「インターナショナルCES」に出展した四輪モデル「Concept-愛i」に加え、ユニバーサルな小型モビリティ「Concept-愛i RIDE」と歩行領域のモビリティ「Concept-愛i WALK」を追加し、東京モーターショーで披露する。

Concept-愛iは、シリーズを代表する四輪モデル。クルマの周辺状況に加えて、ドライバーの表情・動作・声色から複合的に感情や覚醒度などを推定し、ドライバーが危険な状態やストレス状態に陥ると、自動運転モードに切り替わる。さらに、ドライバーが眠気を感じているときは覚醒状態に、ドライバーがストレスを感じているときはリラックス状態に誘導し、ドライバーをサポートする。車両デザインは、キャビンを前に出した未来的シルエットとシンプルで開放的なインテリアとした。トヨタでは、今回の出展内容の一部を搭載した車両で日本における公道実証実験を2020年頃に計画している。

Concept-愛i RIDEは、車いすユーザーの使い勝手にこだわったユニバーサル仕様。ガルウィングや電動ユニバーサルスライドシート、ジョイスティックなどを採用し、車いすユーザーにとって使い勝手のよいモビリティを追求した。また、インストルメントパネルの大型ディスプレイに、バリアフリー情報などを提供するほか、自動駐車や自動バレットパーキング機能なども装備する。

Concept-愛i WALKは、全長を歩幅以下、全幅を肩幅以下におさえ、その場での回転も可能としたモビリティ。歩行時に人が占有する面積と同等のコンパクトなパッケージとし、歩行者と同じ空間を走行できる。また、ハンドル部のセンサーやエージェントとの会話からドライバーを理解し、状況に応じてドライバーを安全な状態に導く。ステア操舵機能を採用することで、体重移動による操作を不要としたほか、大幅な低床化により、高齢者やスカート着用の女性など、誰もが気軽に乗降・走行できるモビリティを実現した。

なお、Concept-愛i RIDEおよびConcept-愛i WALKは、シェアリングサービスでの活用も想定。誰でも利用しやすい手軽なモビリティの提供を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集