【ルマン24時間】注目の決勝レースがスタート、早くもトヨタとポルシェが混戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2017ルマン24時間レース
  • 2017ルマン24時間レース
  • 2017ルマン24時間レース
  • 2017ルマン24時間レース
  • 2017ルマン24時間レース
今年で85回目を迎えるルマン24時間レースの決勝が現地時間の17日15時にスタート。早くもトヨタとポルシェの混戦状態となっている。

14日の開幕からほとんど雨が降らず、スタート前も気温28度、路面温度37度と例年より暑いコンディションでレースがスタートした。

予選では小林可夢偉、中嶋一貴の活躍でフロントローを獲得したトヨタ。今年は豊田章男社長も現地に駆けつけ、スタートの瞬間から3台のトヨタ「TS050ハイブリッド」を見守った。

15時にフランス国旗が振られ、レースがスタートすると、ポールポジションの7号車トヨタがトップを死守。スタートドライバーを務めるマイク・コンウェイが順調にリードを広げている。

これに8号車トヨタ(セバスチャン・ブエミ)も続きたいところだったが、3番手スタートのNo.1ポルシェ「919ハイブリッド」のニール・ジャニが2番手に浮上し、早くもトップ進出を伺っている。

WECでは第2戦スパと、第3戦の今回のみエントリーしている9号車トヨタだが、1周目にLMP1クラスのNo.4バイコレスと接触があった模様で、右側のヘッドライト付近が破損。例年になく落ち着いた展開でのスタートとなったが、早くも波乱含みの展開となっている。

ゴールは18日の15時(日本時間18日22時)の予定。今年はトヨタとポルシェの“一騎打ち”となるLMP1-Hクラス。果たしてどちらが勝利を手にするのか。今年も長い24時間レースが始まった。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集