ゴールデンウィーク期間中の成田・羽田空港の国際線旅客人数、高い伸び率を予想

航空 企業動向
空港各社は、ゴールデンウィーク期間中(4月28日~5月7日)の国際線旅客推計が発表した。

成田国際空港は、昨夏以降の航空会社の新規就航、増便の効果で国際線の旅客数は前年同期比7.2%増の79万3100人を予想する。出国が同9.5%増の39万7700人、入国が同5.0%増の39万3600人を推計する。ハワイなどのリゾート路線や香港、韓国など近距離路線が人気となっている。

東京国際空港ターミナルは、羽田空港国際線旅客ターミナルの旅客数が同15.1%増の45万3400人と大幅に増える見通し。出国が同19.7%増の23万1600人、入国が同10.6%増の22万1800人を予想する。

成田、羽田とも出国のピークは4月29日、入国が5月7日。

中部国際空港の国際線予約数は同7.6%増の14万9700人となっている。出発が同12.8%増の7万5800人、到着が同2.8%増の7万3900人を予想する。

出発のピークは5月3日、到着が5月7日。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • LCC各社のゴールデンウィーク期間中の予約率、国内線が伸び悩み 画像 LCC各社のゴールデンウィーク期間中の予約率、国内線が伸び悩み
  • ゴールデンウィーク期間中の航空各社予約状況、国内線の予約率が好調 画像 ゴールデンウィーク期間中の航空各社予約状況、国内線の予約率が好調
  • 成田国際空港、旅客数や貨物量増加の取り組みにインセンティブを支給 画像 成田国際空港、旅客数や貨物量増加の取り組みにインセンティブを支給
  • 【安全の舞台裏 JAL】スライドは安心感があるけど速い---救難訓練体験 画像 【安全の舞台裏 JAL】スライドは安心感があるけど速い---救難訓練体験

特集

おすすめのニュース