【WEC】王者ポルシェも今季型の 919ハイブリッド を公開…狙うは“ハットトリック”

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2017年型「Porsche 919 Hybrid」
  • 2017年型「Porsche 919 Hybrid」
  • 2017年型「Porsche 919 Hybrid」
  • 左から、ベルンハルト、ハートレー、バンバー、ロッテラー、ジャニ、タンディ。
  • 2017年型「Porsche 919 Hybrid」
  • 2017年型「Porsche 919 Hybrid」
  • 2017年型「Porsche 919 Hybrid」
  • 2017年型「Porsche 919 Hybrid」
  • 2017年型「Porsche 919 Hybrid」
3月31日、世界耐久選手権(WEC)のLMP1-Hクラスにおけるトヨタのライバル、ポルシェが「919ハイブリッド」の今季型を公開した。60~70パーセントが新しくなったというチャンピオンマシンで、ルマン24時間レースとシリーズタイトルの3連覇(ハットトリック)を狙う。

4月1日からイタリアのモンツァで始まるWECプロローグテスト(公式合同テスト)を前に、今季のWEC最高峰を競う“2強”の一角、ポルシェも今季型の919をアンベイル。チーム代表のアンドレアス・ザイデルは「60~70パーセントは新たな開発による」とバイザッハで進化させた今季型の概要を語る。

コンパクトな2リットルV4エンジンを含む独自のハイブリッドシステムは最大900 hp(662 kW)を発生。このマシンを2台(#1と#2)投入し、ポルシェはルマン24時間レースとWECシリーズタイトル(ドライバー&マニュファクチャラー)のそれぞれ3連覇を目指して戦う。

LMPプロジェクトのバイスプレジデントであるフリッツ・エンジンガーは「トヨタは強力なライバルになるが、さらに高められた919と6人のトップクラスのドライバーたちとともに、我々は彼らと対峙する」と決意を語った。

今季のポルシェはドライビングスタッフも一層強化。前アウディのアンドレ・ロッテラーを招聘するなどして、新編成のトリオ2組で戦うことが決まっている。#1はロッテラー、N. ジャニ、N. タンディ、#2はT. ベルンハルト、B. ハートレー、E. バンバーの組み合わせ。

WECプロローグテストは1~2日にかけて行なわれ、ここでポルシェとトヨタが今季初めての手合わせを演じることとなる。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集