【ジュネーブモーターショー2017】プジョーの新型電動スクーター…ネットにつながる

自動車 ニューモデル モーターショー

プジョー GenZe(ジュネーブモーターショー2017)
  • プジョー GenZe(ジュネーブモーターショー2017)
  • プジョーの電動車展示コーナー(ジュネーブモーターショー2017)
  • プジョー GenZe
  • プジョー GenZe
  • プジョーブース(ジュネーブモーターショー2017)
  • プジョーの2輪車展示(ジュネーブモーターショー2017)
フランスのプジョーは、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、新型電動スクーターの『GenZe』を初公開した。

GenZeは、インドのマヒンドラ社と共同開発。モデル名のGenZeとは、Generation Zero Emissionを意味する。設計は米国シリコンバレーで行われ、複数の最新技術を搭載する。

GenZeの大きな特徴といえるのが、脱着式のバッテリー。自宅で直接充電が可能なので、セルフサービス式の充電ステーションを探す必要がない。また後部には12ボルトのソケットが付属。4時間でフル充電、2時間で80%の容量の充電を行い、45kmを走行可能。最高速は45 km/h。

GenZeは、インターネット接続機能も備える。ドライバーの運転を追跡する機能によって、完全デジタル式ダッシュボードがリアルタイムで燃費情報をトラッキングし、走行距離あたりの燃料使用量を示すエコスコアも計算。専用アプリも用意されており、位置情報追跡による業務用車両のフリート管理をサポートしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集