【MotoGP 第3戦アメリカ】マルケスが2連勝、ランキングトップを維持

2016年のMotoGP第3戦の決勝が現地時間の10日、アメリカ・テキサス州のオースティンにある「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ」で開催され、マルク・マルケス(ホンダ)が第2戦に続き2連勝を飾った。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2016 MotoGP 第3戦 決勝
  • 2016 MotoGP 第3戦 決勝
  • 2016 MotoGP 第3戦 決勝
  • 2016 MotoGP 第3戦 決勝
  • 2016 MotoGP 第3戦 決勝
  • 2016 MotoGP 第3戦 決勝
  • 2016 MotoGP 第3戦 決勝
  • 2016 MotoGP 第3戦 決勝
2016年のMotoGP第3戦の決勝が現地時間の10日、アメリカ・テキサス州のオースティンにある「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ」で開催され、マルク・マルケス(ホンダ)が第2戦に続き2連勝を飾った。

予選でヤマハ勢との熾烈なポールポジション争いを制したマルケスはオープニングラップでトップを死守すると、徐々にペースアップ。後半には後続のバトルの隙に差を広げていき、最終的には2位に6秒もの差をつけチェッカーを受けた。

また2番手以降では転倒が相次ぐ波乱の展開に。フロントローにつけたヤマハ勢を抜き、1周目から2番手の奪取したアンドレア・ドヴィツォーゾ(ドゥカティ)だったが、5周目にホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)にパスされ3位に。その直後の7周目に転倒を喫しリタイア。さらには3番手スタートだったバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)も3周目の2コーナーで転倒。昨年9月の第14戦アラゴン以来の転倒リタイアとなった。

こういった波乱の中、3番手にはアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)が3位に浮上。2連続で転倒リタイアが続いていたが、その悪い流れを断ち切る表彰台フィニッシュを飾った。

注目のポイントランキングでは2連勝のマルケスが合計66ポイントに伸ばし首位キープ。2位に入ったロレンソが前回アルゼンチンでの転倒ノーポイントを挽回しランキング2位に浮上した。

次回はスペインのヘレス・サーキットで第4戦が4月22~24日に開催される。

2016MotoGP 第3戦アメリカGP 決勝結果
1.マルク・マルケス(Repsol Honda Team)
2.ホルヘ・ロレンソ(Movistar Yamaha MotoGP)
3.アンドレア・イアンノーネ(Ducati Team)
4.マーベリック・ビニャーレス(Team SUZUKI ECSTAR)
5.アレイシ・エスパルガロ(Team SUZUKI ECSTAR)
6.スコット・レディング(OCTO Pramac Yakhnich)
7.ポル・エスパルガロ(Monster Yamaha Tech 3)
8.ミケーレ・ピロ(OCTO Pramac Yakhnich)
9.ヘクトール・バルベラ(Avintia Racing)
10.ステファン・ブラドル(Aprilia Racing Team Gresini)
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集