スバル WRX S4 / STI 一部改良、インテリアの質感や静粛性を向上

自動車 ニューモデル 新型車

スバル WRX STI タイプS
  • スバル WRX STI タイプS
  • スバル WRX S4 2.0GT-S EyeSight
  • スバル WRX S4 2.0GT-S
  • スバル WRX STI タイプS
  • アイサイト(ver.3) 認識イメージ
  • WRX S4 アイサイト(ver.3) 認識イメージ
富士重工業は、スバル『WRX S4/STI』に改良を施し、5月11日より発売する。

今回の改良では、ルーフトリムの素材を従来の不織布からトリコットに変更しインテリアの質感を向上。また、リヤワイパーブレードの形状を空気抵抗の少ないエアロタイプとすることで不快な風切り音を従来型比で85%低減した。

さらに、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化することで風切り音やロードノイズといった室内への透過音を低減し、静粛性を高めた。

価格は334万8000円から411万4800円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集